1級

【大攻略!】スキー検定1級を徹底解説!難易度や合格のポイント

 

今シーズンこそ1級合格!


ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

スキー検定1級…
それはSAJの級別バッジテストの最高峰。

「インストラクターになりたいから!」
「プライズ検定に挑戦したいから!」

理由は様々ですが、
目標にされる方が非常に多いですね!

 

今回は、そんな1級合格を目標として練習に励んでいる方へ向けて合格のポイントと種目別の対策まで、徹底的に解説していきます!

きっと「今シーズンこそは1級合格!」
と意気込んでおられる方も少なくないと思います。

そんなあなたには確実に役に立つので、
「何としても今シーズン中に1級に合格したい!」

その気持ちを持って、
必ず検定までに読んでおいて下さいね!^^

スキー検定1級とは?

スキー検定の1級は一言で言うと、

『上級者の証』です!

ちなみに余談ですが…
テクニカルは「異次元」
クラウンは「神」です(笑)

4つの種目を滑り、
その合計点で合否が決まります。

  • パラレルターン大回り
  • 基礎パラレルターン小回り
  • パラレルターン小回り・不整地
  • 総合滑降

※2020/21シーズン時点

 

各種目100点満点中、70点を合格とし、
70点×4種目=280点以上が合格になります。

ただ、〝合計点で〟決まるので
全種目70点以上を取らないといけないわけではありません。

もし69点(-1)の種目があっても、
別の種目で70点(+1)が取れたら合格できるわけですね!

スキー検定1級 受験までの流れ

2級とは違い、
1級では事前講習が必須になります。

  • 午前:事前講習
  • 午後:検定本番

という流れですね。

 

朝にスキー学校で検定の受付をして、
事前講習の集合場所へ集まって講習開始!

昼食後に再度指定の場所へ集合して検定開始です。

スキー検定1級 採点のポイント

検定で見られるポイントは
実は2級とほとんど変わりません!

そのポイントとはズバリ!

『外足荷重』『ポジション』です!!

 

ターンをする上で基本的なことが出来ているか?
ということをしっかり見るのが級別テストということですね!

では2級と1級の違いは何かと言うと…

‶スピードに乗れているかどうか”

2級以上になってくると、
どれだけ板の性能を活かしてスピードに乗ることができるかが勝負です!

 

もちろんスピードを意識するあまり、
暴走してはアウトです…(笑)

2級では、暴走しないようにスピードコントロールをすることが大事でしたが、1級ではスピードを出しても安定してコントロールできる技術が求められます。

スキー検定1級のお手本動画

まずは僕が1級検定の全種目を検定本番の前走のつもりで滑ってみた動画をご覧ください!

それぞれの滑りでは、
『1級に求められるポイント』
を意識して滑っています!

 

まずは一度見ていただき、
解説を読んだ後にもう一度ご覧いただければと思います!

スキー検定1級 種目別対策

それでは実際に1級の種目別の対策を解説していきます!

それぞれの種目を細かく解説していきますので、苦手な種目がある人はそこから読んでいただいてもOKです!^^

パラレルターン大回り

大回りではリズムがゆっくりなので、ハイスピードの中でも、バランスを崩さないようにターン中はセンターポジションをキープし続ける意識を持ちましょう!

切り替えでは真上に立ち上がるのではなく、 立ち上がりながら谷側へ重心を移動させていくことが非常に重要です!

また、内倒しないように気を付けないといけないことはもちろんですが、荷重感をアピールするために外肩をしっかり下げて外傾を作ることも効果的ですね。

ナオキ
ナオキ
僕も、急斜面で少しくらいスピードを出しても怖くない安定したポジションを掴めてから、一気に合格が近づきました!

基礎パラレルターン小回り

小回りも2級と比べると…
一気に難易度が上がります!

苦手としている人も多いのではないでしょうか?

2級の小回りとの一番の違いは、
ズレを大きく使ってはいけない!
というところです。

なぜズレを大きく使ってはいけないかと言うと…

1級では滑走性、つまりスピードが求められることをお話ししましたが、ズレを使うと使った分だけスピードが落ちてしまうからです。

 

厳密には、、
ズレを使い過ぎていては、
減速し過ぎて合格点が出る滑りにならないのです!

かと言って、 ズレを使わなければいいというわけではなく、 スピードコントロールのためにズレは必要です…

ナオキ
ナオキ
これは個人的に思うことですが、
ズレを使う局面によって合否が分かれるんじゃないかなぁと

なるべくターン後半ではズレを少なくし、
前半にズレを使うように意識しましょう。

ターン後半にズレが多いと、テールだけを横に振り出したワイパーと呼ばれるブレーキングのターンになってしまいます。ターン前半にしっかり時間をとってズラし、後半にはカービングでスピードに乗ることが理想です!

パラレルターン小回り・不整地

いよいよ不整地です!
コブですね! 最後の難関です!

1級では苦手な人も非常に多いですが、
ここを踏ん張ったら念願の1級です!

 

では不整地で見られるポイントですが、
大きく分けて3つ!

  1. 板をズラしてコントロールできているか?
  2. 外向が正確に作れているか?
  3. スタンスが大きくブレていないか?

①と②はコブを滑るための基本で、
この二つができていない人の多くは
コントロールが効かずにラインを飛び出してしまいます。

特にこれからコブに挑戦する人は、

『外向を正しく作る→ズラしてゆっくり降りる』

外向姿勢

まずは整地からこの練習でも良いですが、
オススメはいきなりコブへ入ってみることです!

スタンスはそれからでも大丈夫です!
正しい外向については、 次の横滑りで詳しく解説しますね!!

ちなみに…

「不整地」とは、一般的にはコブ斜面ですが、検定会場によっては規則的なコブ斜面ではなく、単に少し荒れたバーンでも小回りとなることもあります。

また、ここだけの話…

志賀高原のジャイアント会場の不整地小回りではコブが無いです。また、僕のホームゲレンデの赤倉では、コブはありますが、ド緩斜面です!笑

ナオキ
ナオキ

こうした検定会場毎の特性を把握し、
あえてそこに挑戦しに行くのも良いかもしれませんね!

横滑り(2020/21シーズンより廃止)

「何これ…?」って感じですよね笑
僕もこの種目は意味不明でめちゃくちゃ嫌いでした。

(と、言うか今も嫌い)

この意味不明な種目で見られるポイントはただ一つ!

「正しい外向」

横滑りにおいては、1級に”合格するためだけ”にポイントを押さえるのではなく、他の種目にとっても基礎となる土台を固めるつもりで理解を深めましょう!

ちなみに小回りやコブでも『正しい外向』は必須なので、ここをしっかり習得することで1級の他の種目にも必ず活きてきます!

 

そしてさらに、それ以上のレベルを目指す際にも必ずと言い切っていいくらい重要なポイントになります。

(何だか大事な気がしてきたでしょ?笑)

さてそれでは、
〝正しい〟外向って何でしょう?

ここはハンパなく大事なんですが、
じっくり解説しているとめちゃくちゃ長くなってしまいますので、

「外向」が正しくできると、
ズレが上手く使えるようになります。

ズレを上手く使えると、小回りもコブも、もちろん大回りも全て格段にレベルアップしていくわけです!

いかに横滑りの基礎が大事かよくわかりますね!

総合滑降(2020/21シーズンよりスタート)

最後に、2020/21シーズンより横滑りが廃止となり、その代わりにこの総合滑降が加わることになりましたー!

横滑りが加わる前は総合滑降だったので、
元に戻った形になりましたね!

まだ情報が少ない総合滑降ですが、
検定で見られるであろうポイントを3つピックアップしました!

  1. スピード
  2. リズム変化
  3. 演技構成

この3つを意識して練習して頂き、
新種目で一気に高得点をかっさらっていきましょう!^^

スキー検定1級の合格率から難易度を分析

1級は級別テストの頂点にあるだけあって、
当然、全く簡単ではありません。

そんな1級の合格率を見てみましょう!
苗場スキースクールが2017/18シーズンに取ったスキー検定合格率の統計です。

年度級別合格率(%)
1級2級
2017~201821.9%32.0%

まず、合格率ですが…

なんと21.9%!!

 

ちなみに参考として、
過去8年間の合格率の推移です。

 

では、種目別の合格率も見てみましょう!

年度1級種目別合格率(%)
大回り小回り(横滑り)不整地
2017/1850.4%42.5%35.4%51.1%


不整地が高いのは意外ですが、
横滑りの合格率は低いですね~(笑)

小回りの合格率はやはり低いようです。

こちらも参考として、
過去5年間の1級の種目別合格率の推移です。

 

※集計範囲は、2017年12月~2018年5月のバッジテスト、バッジテストコースです。

2級のデータも合わせて見れるので、 このデータに興味がある方は、下記リンクより引用元のページをご覧下さい!

2017~2018バッジテスト(スキー検定)1級~2級の合格率等のデータ

スキー検定1級 まとめ

それでは、1級検定のまとめです!

まとめ!

  • 検定員が主に見るポイントは2級と同じで、『外足荷重』と『ポジション』
  • 大回りは、安定してセンターポジションをキープすること
  • 小回りは、なるべくターン後半ではズレを少なくし、前半にズレを使うように
  • コブは外向を作ってしっかりズラす
  • 横滑りのポイントは〝正しい〟外向

 

今回は1級合格のためのポイントを解説してきましたが、いかがでしたか?

1級レベルになると、小手先のテクニックで乗り切れるような次元では無くなってくるので、なおさら基礎的な土台がしっかりしていないと、明確に「減点対象の滑り」となってしまいます。

級別テストの最高峰ではありますが、上ばかりを見るのではなく、時には振り返ってみて外足荷重やポジションの確認をしてみて下さい!

ナオキ
ナオキ
これも僕の経験談ですが、
伸び悩んだ時ほど基本的な部分でスランプ脱出の鍵が落ちているもんです!笑

1級の逆転合格マニュアルが登場!

ナオキのオンラインスキースクールにて、
検定合格に役立つオリジナルのコンテンツやサービスを掲載中です!

ナオキのオンラインスキースクール

ナオキ
ナオキ
遊びに来てね~^^


この中で、今回の内容に関連して1級合格を目指す皆さんへオススメしたいものがあります!

その名も…

『逆転合格マニュアル』

【1級検定編】スキーバッジテスト逆転合格マニュアル!
  • 合格のポイントを大公開
  • 各種目を分かりやすく解説
  • 実際の検定動画を使って解説
完全オリジナルのマニュアル!
個別サポート付きコースも!

検定合格を目指すスキーヤーへ、
これさえ読んだら別の教材は一切不要!

と言うくらいのレベルで僕の全ノウハウを注ぎ込んだマニュアルです!

中身が気になる方は、
覗いてみて下さい^^

 

また、合格まで無期限にLINEで個別にサポートするプランも作成いたしました!

簡単な相談でも、スキーの雑談でも、
ビデオのアドバイスでも何でも自由に、そして個別にアドバイスさせていただきます!

そちらも記事内でご紹介していますので、
興味があれば見てみて下さいね^^

 

それでは、
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

今回の内容は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!


今回の内容に関連するオススメ教材

ABOUT ME
生涯全力スキーヤー ナオキ
【利用者50名以上のオンラインスキースクールを運営中!】 ブログ・SNS・YouTubeで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです! 自身の検定を目指してきた苦悩の経験/指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験/さらに誰よりも何よりも分かりやすさを追求して2年間ブログを書き続けた経験から、《目標を持って頑張るスキーヤーを応援したい!そして、自身も生涯本気でスキーを楽むスキーヤーでありたい!》そんな理念を持ってスキーを全力で楽しむ皆さんへ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を発信中!
大好評の2大コンテンツ
オンラインスクール
メールマガジン
ナオキのオンラインスキースクール
  • 大好評のオンラインマニュアル
  • 個別の検定サポートも充実
  • ビデオアドバイスで弱点克服
  • スキーヤーの悩みを確実に解決!
合計で50名以上の利用実績!検定合格者が続々輩出しています!
メルマガ_スキー検定対策講座
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • 検定に役立つ記事を毎日お届け
  • 1日1記事読むだけで無理なく上達
  • 有料マニュアルの特典付き!
期間限定でオンラインスクールで3000円で販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を無料プレゼント!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

オンラインスキースクールへ!
オンラインスキースクールへ!