【利用実績50名以上】オンラインスクールCLICK!

スキー検定1級の小回りを突破せよ!気になる攻略方法とは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

小回りは苦手っス…

そう感じている人は多いはず!

なので、、
1級で合格点が出る小回りをこっそりお教えします…


ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

スキー検定1級受験者の中には、
小回り系の種目に苦手意識を持っている人は多いです。

しかし!

残念なことにスキー検定の2級以上は、
全ての検定種目に小回りがあります!

当然合格するためには、
避けては通れない種目です。

そこで今回はSAJが主催する検定
級別スキーバッジテストの最上級である『1級』難関種目、小回りの突破方法を解説していきます!

目次

スキー検定1級小回りのお手本動画を公開!

まずは僕が1級検定の小回りを本番のつもりで前走した動画です。

この滑りで意識したことは、
ターン後半にエッジングが集中しないような丁寧なポジショニングと重心移動です!

スキー検定1級の小回りに合格する滑りとは?

細かく分けると小回りには2種類があります。

  • 大きく体を使うタイプ
  • 足元だけで刻むターン

他にも色々ありますが、
これをやれば1級に受かる!
というものは決まってありません。

なので、
雪の状況や斜度に合う滑りが求められます。

その上で1級小回り合格に必要なポイントをまとめました!

1級合格に必要なポイント
  1. 丸い綺麗なターン孤を描く
  2. ターン前半でのコントロール
  3. 上体の安定感を保つ
  4. 足首の緊張を緩めない

①丸い綺麗なターン孤を描く

1級では、まずはターンの描き方が2級よりもさらに高いレベルで要求されます。

切り替え〜ターン前半にかけて、
しっかり重心を谷側へ移動させながらターンを作っていきましょう!

②ターン前半でのコントロール

2級ではターン後半にブレーキをかけた丁寧なコントロールができればOKでしたが、1級だとそれだけでは足りません。

1級では、ターン前半からズラして後半に圧が集中しないようなターン前半でコントロールをする必要があります。

丸い綺麗なターン孤を描くためには、
必ず必要な技術です!

③上体の安定感を保つ

スキー検定 1級 小回り 上体

1級で合格点を出せる人の小回りを見ると、
ストックワークのリズムが一定で、上体も安定しています。

逆にリズムの早いターンを続ける中で、回転力に負けて上体がブレてしまうと、外足に乗れずに綺麗なターン孤を描けなくなります。

上体が安定しない人は、
まずはストックワークを見直してみましょう!

④足首の緊張を緩めない

後傾になってしまう人は、
足首の緊張が緩んでいるからです。

足首が伸びてしまった上体だと、
身体がスキーに置いていかれて、結果的に後傾になりやすくなります。

特に小回りだと強い圧がかかってくるので、
切り替えた直後にすっぽ抜けやすくもなります↓

スキー検定 1級 小回り 足首の緊張

常に身体を板に付いて行かせるためには、
足首をガッチリ固めて板から身体を逃さないようにしましょう!

足首を固めるワンポイントのコツとして、
ブーツの中で足の指をグッと上に持ち上げてみてください!^ ^

1級小回りでよくある減点理由

続いて「ここに気をつけよ!!」
ということで、1級検定の小回りでよくある減点理由をご紹介します!

ターン後半にエッジングが集中しすぎ

やはり1番多いのがコレですね!

スキー検定 1級 小回り ブレーキングターン

2級と1級の一番の違いがここにあります。
2級はターン後半のブレーキングでもOKでしたが、1級だとそうはいきません。

ワイパーターンとも呼びますが、
山回りでテールを左右に押し出すだけでは合格点はもらえません。

上体が暴れすぎ

スキー検定 1級 小回り 減点

リズムの早いターンに煽られ、
上体が暴れすぎてしまうとバランスも崩しやすくなります。

また、単純に上体に安定感が無い小回りだと、
それだけで減点される可能性もあります!

暴走

スキー検定 1級 小回り 暴走

1級では急斜面での小回りになるので、
コントロールも難しくなります。

本番の緊張感もあってか、
焦りで雪面に圧をかけられずに暴走してしまう人もいます。

もちろん暴走してしまうと1発アウトです!

もちろんスピードは大事ですが、
1級でもコントロールができた滑りを見せることが1番大事ですね!

スキー検定1級小回りの練習方法

1級受験者の中には、
ターン前半にセンターポジションに乗れていない人が多くみられます。

前半からズラしてコントロールができないことも、コレが原因ですね。

そんなターン前半にズラしができない人におすすめのトレーニングが、ズバリ!

『連続ギルランデ』です!

ギルランデをご存知でしょうか?
総合滑降で斜めに切り込んでリズム良く小回りをするアレです。

斜滑降でギルランデでだけを連続して行います。

▼こんな軌道のイメージ

スキー検定 1級 小回り 練習方法

斜滑降からエッジをかける動きは、
ターン前半の荷重と同じ感覚です!

スキー検定 1級 小回り ギルランデ

このギルランデで、
ターンの前半を作る練習をします。

何度も繰り返すことで、
雪面を捉えて前半からズラす感覚を身につけましょう!

スキー検定1級小回りの小ネタ・裏話

ここでは、余談ばっかりなので
話半分に読んでいただければと思います!
(興味無かったら飛ばしてもらって大丈夫です)

①止まる時は小回りで

大会みたいに大きく斜面を横切りながらゴールすると印象が良くないみたいですね。

減点になるほどではないとのことですが、
最後はやはり小回りでゴールして1ターンでピタッと止まるのがベストだそうです。

②ミスっても立て直せばOK!

一度やちょっとしたミスなら、
プライズ検定でもない限りは、そこから立て直せば十分合格は狙えます!

僕も実際に昔、1級の小回りでミスをしました。

ターン後半に思いっきりブレーキをかけてしまったのですが、落ち着いて次のターンから立て直したら合格点をもらえました。

ですが、一度のミスを立て直さずにゴールしてしまうと「正しい動きができないんだ」と思われて減点されてしまうので注意しましょう!

③上体だけでも安定していると印象が全然違う

1級の小回りでは、
不合格になる受験者の滑りを見ていると…

多くの人が上体が暴れまくった滑りをしています。

逆に言うと、
上体の安定感だけでも「他の受験者と違う」と思わせることができれば勝ちです!^^

検定員の印象はそれほど大事で、
「他と違う=こいつはできるかも」
となっていきます!

スキー検定1級小回り攻略 まとめ

それでは今回のまとめです!

今回のまとめ
  • 1級小回りのポイント
    ①丸い綺麗なターン孤を描く
    ②ターン前半でのコントロール
    ③上体の安定感を保つ
    ④足首の緊張を緩めない
  • 1級小回りのよくある失敗
    ・ターン後半にエッジングが集中しすぎ
    ・上体が暴れすぎている
    ・暴走
  • 練習方法は『連続ギルランデ』

いかがでしたでしょうか?
1級の小回りは、2級と比べて斜度が急になり、難易度も一気に上がります。

何より、2級と1級では求められるターンの質がグンと上がるので、よりスピードにも強くならないといけませんね。

1級はどんなゲレンデでも楽しんで滑れるレベルと位置付けられた上級者の資格です。

皆さんも今シーズンは、
何としてもこの1級の壁をぶっ壊し、
スキーの楽しさの幅を広げていってくださいね!^ ^

スキー検定1級の逆転合格マニュアルが登場!

ナオキのオンラインスキースクールにて、
検定合格に役立つオリジナルのコンテンツやサービスを掲載中です!

ナオキのオンラインスキースクール
ナオキ

遊びに来てね~^^

そしてこの中で、
今回の内容に関連して1級合格を目指す皆さんへオススメしたいものがあります!

その名も…

『逆転合格マニュアル』

【1級検定編】スキーバッジテスト逆転合格マニュアル!
  • 合格のポイントを大公開
  • 各種目を分かりやすく解説
  • 実際の検定動画を使って解説
完全オリジナルのマニュアル!
個別サポート付きコースも!

検定合格を目指すスキーヤーへ、
これさえ読んだら別の教材は一切不要!

と言うくらいのレベルで僕の全ノウハウを注ぎ込んだマニュアルです!

中身が気になる方は、
覗いてみて下さい^^


それでは、
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

今回の内容は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!


今回の内容に関連するオススメ本

スキー メルマガ
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • 検定合格に必ず役立つ記事をお届け
  • 期間限定で有料マニュアルの特典付き
  • オンラインコミュニティへ特別ご招待
期間限定で3000円で販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を無料プレゼント!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる