『さぁ、雪の世界を駆け抜けろ!』
生涯全力スキーヤー ナオキが送る
検定突破の全力スキーブログ
1級

スキー検定1級の大回りを攻略!見落としがちなポイントとは?

スキー検定1級の大回りを攻略!見落としがちなポイントとは?

お悩み人
お悩み人
1級の大回りって
2級の大回りと何が違うの?
同じ大回りだし、斜面が急で長くなるくらいで具体的にどんな違いがあるのかよく分からない。

と思う人も多いのではないでしょうか?

ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!
今回は『1級大回り』について解説していきます!

検定は、大事なポイントを見落としてシーズンに入ってしまうと、原因も分からず不合格になってしまい、最悪の場合ではシーズンを棒に振ってしまうこともあります。

なので今回の記事を読んで、
シーズンに確実に合格ポイントを抑えて練習できるようにしておきましょうね^^

さて、SAJバッジテストの大回りですが、

・2級「基礎パラレルターン大回り」
・1級「パラレルターン大回り」

と、1級では”基礎”という言葉が無くなります。

斜度も2級よりも上がり、
よりスピードに乗った滑走性のあるターンが求められてきます!

とはいえ、
「どうしたらそんな滑りができるのか?」
が気になると思います(;^^)

そこで今回は、”1級大回りで合格点が出す滑り”ができるようになるためのポイントをお伝えしていきます!

是非最後までご覧ください^^

スキー検定1級大回りのお手本動画を公開!

まず僕が1級のパラレルターン大回りを実演しました!

僕がお手本を滑るときに意識したことは、
スキーにしっかり圧が加えられるようなセンターポジションをキープしながらスピードをつなげたことです。

25~28度くらいの急な斜面ですが、
実際に赤倉観光リゾートスキー場で1級検定に使われるチャンピオンBコースです。

さて、それではこの中でどんな部分に検定員は注目して評価をしているのか、次から詳しく見てみましょう!

スキー検定1級大回りの評価基準

まずスキー検定1級のポイントはコチラ!

状況、条件に対応して滑る能力

1.ターン運動の構成
  ポジションとエッジング

2.斜面状況への適応度
  スピードと回転弧の調整

3.運動の質的内容
  バランス・リズム・タイミング

とありますが、
これらは分かりにくいのでまとめると、

バーンの状況に対応してコントロールした滑りができているか

と言う観点で評価をしています。

その中でも特に大回りは
最もスピードが求められる種目なので、

ズレが少なくスピードに乗れた滑り

ができているかどうかが合否の分かれ目になります。

では、そのためには
どんな意識で、どんな滑りができればよいのか?
ここから更に掘り下げて見ていきましょう!

スキー検定1級大回りで合格する滑りのポイント

1級の大回りでは、
急斜面でもズレを減らしたスピードに乗った滑りが合格の条件ですが、

どうすれば合格できる滑りができるようになるのか?

ターンの局面に順番に解説していきます!

ターン前半の雪面の捉え

ターン前半の雪面の捉え

1級合格に絶対必要な

  • 綺麗なターン弧
  • 安定したターンポジション

そのどちらにも必要なのが、
「ターン前半の雪面の捉え」です!

急斜面の中でターン前半で正確に雪面を捉えることは、斜面への恐怖もある中では非常に難しいことです。

しかし、1級に合格するための滑走性の高いターンをするためには、雪面の捉えが無ければ不可能です。

なので、検定を受ける前に何としてもターン前半の重心移動の感覚はつかんでおく必要がありますね。

 

まず雪面の捉えで意識しなければならないことは
ターン前半での腰の向きです!

ターン前半で板の進む向きより腰がターン内側を向いてしまうと、雪面を正確に捉えることができなくなってしまいます。

ターンへ入るときには、
必ず『腰を外向させること』が捉えのポイントです。

腰の外向

ターン前半を作っていくためには、
正しい外向の姿勢をとってターンへ入ることが重要です。

スキーを縦に滑らせる

スキーを縦に滑らせる

先ほどのターン前半で雪面を捉えて受け止めた抵抗を、ターンが進んでいくにつれて徐々に強めていき、スキーの走りにつなげていきます。

こうして雪面から受ける力を強めるために、
スキーを縦方向に滑らせることが重要になります。

縦方向に滑らせる

ですがここでもターン前半と同じく、
スキーの向く方向よりも先に上体が内側を向いてしまっては抵抗を上手く受け止めて、スキーの走りを引き出すことができません。

スキーが曲がってくるまで身体をフォールラインへ向けて縦方向へ落していくように我慢して待ちましょう!


ナオキ
ナオキ
この”待つ”ができていないと、
スキーの性能を活かすことができないので、落ちていくのは怖いですが勇気を持ってスキーが曲がってくるのを待ちましょう!

回旋操作を抑えてズレを減らす

1級の大回りでは、横ズレによるコントロールだけでなく、角付けを強めたカービングのターンが必要になります。これはスピードに乗った滑りには欠かせない要素です。

ナオキ
ナオキ
ここが2級と1級の最も大きな違いでもあります!
そのために適度な外向傾の姿勢を保ち、
雪面からの圧を感じながらエッジを雪面にグリップさせていきます。

カービングターンのような角付けの強い滑りでは、
外足の回旋動作を抑えたズレの少ないターンを習得しましょう!

そもそも”回旋”という単語に聞き覚えが無いかと思われますが、回旋操作には「内旋」と「外旋」と呼ばれる2つの動きがあります。

  • 内旋:身体の内側に捻り込むこと
  • 外旋:身体の外側に捻り込むこと
内旋と外旋

この動きは、局面によっては非常に効果のあるものですが、ターン前半では外足の回旋操作を抑えることでズレの少ないターンが実現できます。

ここでも”待ち”になりますが、
どうしても早くターンに入ろうと焦るために、自ら外足を捻り込んでターンを始めようとする人が非常に多いのです。

スキー検定1級大回り まとめ

それでは今回のまとめです!

スキー検定1級大回りのポイント

  • ターン前半の雪面の捉え
  • スキーを縦に滑らせる
  • 回旋操作を抑えてズレを減らす

いかがでしたでしょうか?

僕のお手本動画を見ていただくとお気付きかもしれませんが、1級の大回りは2級と比べてもスピードも上がり、大げさな上下動のような補助動作も少なくなります。

その分、急な斜面でも安定してターンがコントロールできるポジションは全ての基本になります。

こうしたポジションの確認は、
同じ1級種目の横滑りでもできます!

大回りのようなハイスピード種目は基本をしっかり定着させて取り組んでいきましょう!

それでは今回は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者特典~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。