【利用実績50名以上】オンラインスクールCLICK!

スキー検定の目安に各級の難易度レベルを独自に一挙解説しました!

スキー検定 目安
URLをコピーする
URLをコピーしました!

検定受けてみたいけど、
レベルの目安が分からない…

なんてこと、ありませんか??
今回にまとめてみました!


ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回はスキー検定各級の難易度の目安を調べてきました!

公式の教本に書いてあることをダラダラ書き写していっても記事を作る意味が無いので、

僕なりに「これができればOKなレベルかな!」というのをあくまで目安ですが、解説してみました!

これからスキー検定を受ける方は是非参考にしてみてください!

目次

スキー検定5級の難易度の目安

5級 合格の観点

状況・条件に対応して滑る能力
ターンの構成、斜面への適応度、
制動技術の習得

資格検定受験者のために

スキー検定5級はわかりやすく言うと、

どんな形であれスキーをハの字に開いて曲がることができれば合格です!

講習内検定ということで、
レッスン中に習った通りに曲がることができればOKです。

最初の検定なので、ただレッスンを受けるだけではなく目標を持って資格を取りたい初心者の方は受けてみてはいかがでしょうか?

スキー検定4級の難易度の目安

4級 合格の観点

状況・条件に対応して滑る能力
ターンの構成、斜面への適応度、
制動技術の習得

資格検定受験者のために

スキー検定4級の目安としては、

形はきれいでなくても自由に曲がることができれば合格です!

回転の大きさをコントロールしながらリズムを変化させる滑りが求められるので、脚部の操作でテールで雪面を削りながらコントロールします。

4級も講習内検定なので、ある程度スキーにも慣れてターンができるようになった方は気軽に挑戦してみましょう!

スキー検定3級の難易度の目安

3級 合格の観点

状況・条件に対応して滑る能力
1.ターン運動の構成
2.斜面状況への適応度
3,運動の質的内容

資格検定受験者のために

スキー検定3級の目安としては、

徐々に足を揃えて綺麗にターンができるようになってきたくらいのスキーヤーが対象になります。

3級では足の揃ったきれいなパラレルターンが求められるわけではなく、形はともかくとりあえずは両足を揃えてターンができればOKというレベルです。

3級までは同じく講習内検定です。

検定種目もシュテムターンとパラレルターンと実践的な種目が登場します。

僕の感覚では3級までであれば我流でも講習内検定ということもあって、講習中に練習することでなんとか合格できるくらいの目安です。

あわせて読みたい
スキー検定3級ってどんな検定?難易度や種目別のポイントを解説! スキー検定の3級に挑戦してみよう! 今回のテーマは、『スキー検定3級』です! スキー検定3級は、足を綺麗に揃えて滑りたいスキーヤーにとっては、練習しながら取得でき...

スキー検定2級の難易度の目安

2級 合格の観点

状況・条件に対応して滑る能力
1.ターン運動の構成
 ポジショニングとエッジング

2.斜面状況への適応度
 スピードと回転弧の調整

3,運動の質的内容
 バランス・リズム・タイミング

資格検定受験者のために

2級レベルの目安としては、
暴走しないようにズレを使ってしっかりコントロールできた滑りができるかどうか

という実践的な評価をされることになります。

そして2級からは難易度が大きく上がります。

その理由として、2級からは講習内検定ではなく本番一発勝負で大回り・小回り・シュテムターンと、本格的な検定になるのです!

3級よりも両足の揃った綺麗なパラレルターンが求められるので、初心者からスキー検定に挑戦していく方にとってはまずは2級が大きな関門となるでしょう!

ナオキ

僕も2級では苦労しました(笑)

あわせて読みたい
【攻略!】スキー検定2級を徹底解説!種目別ポイントや難易度・合格率も! 今シーズンこそ2級合格! スキー検定2級 これから基礎スキーを頑張ろうという学生さんは、まず初めにこのバッジテスト2級を目標とされる方が多いのではないでしょうか?...

スキー検定1級の難易度の目安

1級 合格の観点

状況・条件に対応して滑る能力
1.ターン運動の構成
 ポジショニングとエッジング

2.斜面状況への適応度
 スピードと回転弧の調整

3,運動の質的内容
 バランス・リズム・タイミング

資格検定受験者のために

級別バッジテストの最高峰
スキー検定1級のレベルの目安は…

どんな斜面でもスピードに乗って自由に滑ることができる

というまさにゲレンデ上級者の証ですね!

種は大回り・小回り・総合滑降・不整地小回り(コブ)と、大会のようなラインナップです(笑)

急斜面でスピードに乗ったターンができるポジションとカービングが求められるので、合格には相当の滑り込みが必要ですね!

あわせて読みたい
【大攻略!】スキー検定1級を徹底解説!難易度や合格のポイント 今シーズンこそ1級合格! スキー検定1級... それはSAJの級別バッジテストの最高峰。 「インストラクターになりたいから!」 「プライズ検定に挑戦したいから!」 理由は...

スキー検定の難易度の目安のまとめ

スキー検定の難易度の目安

ということで今回にはスキー検定の合格レベルの目安をご紹介してきました!

最後にまとめておきましょう!

5級どんな形であれスキーをハの字に開いて曲がることができる
4級形はきれいでなくても自由に曲がることができる
3級徐々に足を揃えて綺麗にターンができるようになってきた
2級暴走しないようにズレを使ってしっかりコントロールできた滑りができる
1級どんな斜面でもスピードに乗って自由に滑ることができる

ということで、
いかがでしたでしょうか?

これからスキーを始める方や初心者の方にとっては、検定は上級者が受けるもの!というイメージがあると思いますが…

レッスン中に受けられる級も多く、
検定を受けてみることで上達へのモチベーションが上がるので、是非試しに一度受けてみていただきたいなと思います!

スキー検定を受けるメリットや魅力については前回も解説していますので、興味がある方は是非こちらもご覧ください!

あわせて読みたい
スキー検定を目指すメリットとは?スキーヤーが夢中になる検定の魅力 今回はこちらについてお話ししていきたいと思います! スキー検定を目指すメリット スキー検定の対策サイトを作っていておいて、今さら!?って言う感じのテーマですね(...

ということで、
今回は以上になります!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

スキー メルマガ
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • スキー検定のお悩みQ&Aの特典配布
  • 検定突破オンラインコミュニティへの特別招待
  • 検定の最新情報をお届け
期間限定でオンラインスクールで販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を特別に無料プレゼント!

スキー検定 目安

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる