スキー検定対策

【スキー検定】テクニカル合格に必要な『曲げ荷重』で板を走らせプライズ検定を攻略しよう!

お悩み人
お悩み人
全然、板が走らない~

こんな風に悩んだこと、
ありませんか?


ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

前回までは、
ターンの支点についてお話ししました。

内容は、ターン中の局面に応じて支点を
適切な位置へ移動させていくというものでした。

青木哲也
【スキーの走りを引き出す方法】山回りでのターンの支点コントロールで”タメ”を作ろう! 皆さんこんにちは! 生涯全力スキーヤーのナオキです! 今回の内容は、前回の続編です! まだ前回の記事を見ていない方は、こちらからどう...

 

プライズ検定では、
滑走性のあるターンが求められます。

テクニカルのそれは、
1級までとは比べ物になりません。

 

僕も
「板が全然走ってない!」
と何度言われたことか…笑

 

そこで研究に研究を重ね、
ようやく導き出した答えで見事、
テクニカルに加点で合格することができました!

しかも!
1番苦手だった大回りも+1点のオマケ付き!

 

前回に、板の滑走性を上げるために
2つの条件を出して説明しました。

それがコチラ!

①局面に応じた支点のコントロール
②適切な曲げ荷重

前回までは、
①の支点のコントロールについて解説したので、

今回は②の適切な曲げ荷重について
お話ししていきたいと思います!

 

この「適切な」という部分がミソです!

 

今回は、

テクニカル合格へ不可欠な曲げ荷重

をテーマに学んでいきましょう!

 

いきなりですが、
ここから1つどーでもいー話をします。(笑)

早く内容を読ませろという人は
飛ばしてもらっても全く問題ありません!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これはスキーヤーがみんな共通認識なのか?
そこまでは分かりませんが、

 

僕らの間では、

検定で加点のことを「プラス◯点」を略して「プラ◯」

減点のことを「マイナス◯点」を略して「マイナ◯」

と呼んでいました。

だるま先生
だるま先生
前のテク検定の結果、どやった??
やりました!加点です!!

ロングがプラ1、
コブがプラ2でした!
けど、ショートだけマイナ1でした…

ナオキ
ナオキ

みたいな感じの会話が横行してましたw

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

…以上、どーでもいー話でしたー。笑

では、本題へ行きましょう!

「基本的な」曲げ荷重と「プライズの」曲げ荷重

そもそも「曲げ荷重」とは?

足首、膝、股関節を曲げながら、足裏からスキー板に対してしっかりと自分の体重を乗せて荷重をすることを曲げ荷重といいます。

 

明確にこれといった基準があるわけではなく、個人差もありますが、

一級までは、 基本的な曲げ荷重の意識で体重を乗せ続け
安定させることは間違いなく大切です。

2級のシュテムターンでもあったように、
開き出した外足に重心を近づけていくように荷重することですね!

 

だがしかし!

これらは基礎としては非常に大事ですが、
プライズ検定で合格点をもぎ取るためには、

 

その曲げ荷重を進化させ、
板をたわませていくことで、
より高い滑走性を引き出すことが必要になってきます!

 

プライズ検定を突破するための曲げ荷重は、
これまでのレベルとはどこが違うのでしょうか?

 

毎度のことですが、
最初に答えを言います!

「脚部を曲げていく」のではなく、
「脚部が自然と曲がってくる」
が正解!

お悩み人
お悩み人
…ん? どーちがうの?

『曲げ荷重』で「曲がってくる」という感覚

テクニカル合格に必要な曲げ荷重とは…

ターン中に外力を受け、
自然と足が曲がってくることです!

「外力」とは、重力や遠心力のことです。

自分でかけていく力ではなく、
自分の外からかかってくる力です。

ふらの
ふらの
でも、自然と曲がってくるのに
「曲げ荷重」って何か変な感じがするよね。
確かにそうだね(笑)
ナオキ
ナオキ

けっして膝や腰を自分から積極的に曲げるようなことはせず、

あくまで外からかかってくる圧を受けて「自然に」曲がってくるのです。

 

わかりやすく解説していくために、
この図を使いましょう。

青↑の遠心力が「外力」ですね。

赤●をターンMAXとすると、
そこまでは脚を
伸ばした状態をキープしましょう!

 

ここで脚部を自分から曲げないように!!

ターンMAXまでは脚部を伸ばしながら重さをかけられるのですが、それ以降では外力の方が強くなってきます。

すると、
外力の方が強いので、脚部を伸ばしながら荷重はするのですが、最終的には遠心力に負けて自然と曲がってくる感覚になります。

 

この画像でも、

一見自分で脚部を曲げているように見えますが、やっていることといえば脚部を柔らかく使い、外力とのやりとりの結果に身体の動きを合わせているだけです。

 

この感覚を言葉にしてみると、、

ナオキ
ナオキ
ずっと脚を伸ばして荷重してるけど、
雪面に押し返されるから荷重をし続けると、勝手にどんどん曲がってくる~

 

って感じです。笑

これは僕の感覚なので、
もちろん人によって全然違う答えもあると思います。

 

例えば僕の後輩の話では、

ターン後半は、外力で腰が谷側に引っ張られて足が曲げられる感じがする~
後輩君
後輩君

って感じだそうです。

 

別に他人の感覚が理解できなくても構いません。

あくまで参考代わりにと思って紹介させていただいています!

(僕は後輩君の言う感覚がサッパリ分かりませんw)

 

まだこの感覚が掴めない人にとって
なかなか言葉だけではイメージすることは難しいと思います^^;

出来た人にとっては
「なんだ、そんなことか!」
ってなるんですけどね^^

 

これはプライズ検定突破を目指す人には必須の感覚になるので、

頭の片隅に必ず置いておいてくださいね♪

 

そして、次のシーズンで試すのを楽しみにイメトレをしましょう^^

『曲げ』荷重なのに自分から曲げてはいけない!

では、なぜ自分から脚を曲げてはいけないのでしょうか?

これも大事なことなんで、
一緒に覚えておきましょう♪

 

答えは、

ターン後半に自分から積極的に脚部を曲げていってしまうと、圧をタメることができないので注意!

圧の「タメ」については、 前回にも解説しているこちらをご参考に♪

青木哲也
【スキーの走りを引き出す方法】山回りでのターンの支点コントロールで”タメ”を作ろう! 皆さんこんにちは! 生涯全力スキーヤーのナオキです! 今回の内容は、前回の続編です! まだ前回の記事を見ていない方は、こちらからどう...

 

スキー用語「タメ」

ターンマックス~ターン後半には、雪面からの反発で徐々に強くなっていく圧を受け止め続けます。決して途中で解放せず、圧を溜め続けるのです。

これを読んで字の如く、スキー用語で「タメ」と言います。このタメをしっかり作っておくことで、板のたわみを生み、そのたわみの解放で更なる走りを生んでいきます。

 

極論、スキーを走らせるためには、
この「タメ」が作れるかどうかなんですよね。

今回までプライズ検定突破のために解説してきた技術も、

実は全て「タメ」を作るための技術なんです!

 

せっかく外力を受けて圧がたまっていくのに
外力を受け止める前に自分から曲げてしまうのは、

どういうことかというと…

 

 

例えば、この壁を押さえている状況で }
自分から積極的に近寄ったりしないですよね?笑

脚部を自ら曲げてしまうのは、
この場合は抵抗せずに腕を曲げて
自分から近寄って行って力がかかりにくくしてしまっていることと同じなんですね。

しっかり伸ばした状態で抵抗しましょう!

【まとめ】テクニカル合格のための「曲げ荷重」

では最後に今回のまとめです!

まとめ!

  • 足裏から自分の体重を乗せて荷重をすることが曲げ荷重の基本
  • プライズに必要は曲げ荷重は、ターン中に外力を受け、自然と足が曲がってくるように
  • ターンMAX以降は、 自分から積極的に曲げてはいけない

  •  
  • 今回は、プライズ検定突破に必要な曲げ荷重についてお話してきました!

    滑走性のあるターンをするためには、
    不可欠な技術になります。

     

    もしかしたらお気づきの方もいるかもしれませんが、今回の技術には一つ忘れてはいけない非常に大事な条件があります。

    それは肩のラインについてです。
    あえて専門用語を使うと「外傾」というやつです。

    もしここが崩れてしまうと、
    これまでの技術は全て効果を失うくらい大事な要素です。

    ですので、 非常にシンプルな技術になりますが
    次回はターン後半の外傾について解説しようと思います!

    【オマケ】テクニカル合格へ向けたマニュアルのご紹介

     

    クラウンの小回りは
    切り替えで浮いたら終わり!?


    ナオキ
    ナオキ
    皆さんこんにちは!
    生涯全力スキーヤーのナオキです!

    テククラの小回りで、
    いつも合格点まであと一点が届かなくて悩んでいませんか?

    今回はそんな上級スキーヤーは必見です!

     

    今回は「テククラ対策」ということで、
    急斜面小回りの切り替えについて解説します!

    急斜面の小回りが苦手な人
    かなり多いですよね?笑

    • 暴走してしまう
    • 身体が置いて行かれる
    • 反動で食らってしまう

    こんなお悩みが山ほど届きます。

    僕もスキーで小回りが一番悩んだので、
    その気持ちは痛いくらいよく分かります!

    僕の経験談ですが、
    そんな小回りのお悩みは”切り替え”を改善するだけで飛躍的に解消されていきます!

     

    なので今回は、
    僕自身の経験から、テククラの急斜面小回りを突破するために習得した切り替えのコツをお伝えします!

    今回の記事を読んで、
    今シーズンこそテククラの”あと1点”を確実に獲りに行きましょう!^^

    急斜面小回り 圧を抜かない切り替えのコツ

    それでは早速本題に入ります!

    テククラ検定での小回りバーンは、
    ほぼ例外なく急斜面です。

    そんな急斜面でミスをしないように切り替えのコツを4つ、詳しくお話ししていきます!

    スキーの真上に乗り続けること!

    まず一つ目は基本中の基本!
    切り替えでスキーが斜面に対してフラットになる局面で、スキーのセンターポジションをキープすること!

    「ターン後半~次のターン前半」
    では、同じポジションで移動するくらいのイメージを持ちましょう。

    大回りに比べて、リズムが早い小回りでは切り替えの局面で、身体が山側から谷側への横移動を極端にしてしまいがちなので、センターポジションを崩さないように注意ですね。

     

    基本ではありますが、
    急斜面では簡単なことではありませんね(汗)

    膝の力を抜いてスキーの反動を吸収する

    ターン後半にスキーに荷重することで板がたわみます。

    急斜面では、その反動が非常に大きくなるので、股関節を曲げながら反動を吸収していくことが圧を抜かない切り替えのコツになります。

    切り替え

    ここで雪面からの圧を上手く解放することで、脚部が持ち上げられるように自然とスムーズな切り替えになります。

    逆に自分からターン後半に曲げていくと、圧を上手く吸収することができないので、あくまで圧を感じてから吸収・解放する意識で切り替えていきましょう!

    特に急斜面では圧が強くなるので、
    僕の場合は膝の力を「ヒュッ」と抜いてやる意識で吸収動作がしやすくなりました。

    膝の返しを利用する

    以前に解説したことがある、
    「ロール」のイメージで切り替えを行います。

    「ロール」については、
    詳しくはコチラの記事で解説しています。

    ここでは何が言いたいかというと…

    ターン後半~切り替えにかけて
    単に膝の曲げ伸ばしだけではなく

    「膝の返しを利用すると切り替えがしやすくなる」

    ということです!

    腰の前傾を緩めず伸ばさない

    後傾にならないように、
    腰の前傾角度を切り替え時に緩めないことも圧を抜かない切り替えをするために非常に重要なコツの一つです!

    腰の前傾を緩めず伸ばさない

    こちらは後ろから小回りの追い撮りで、
    切り替え時を切り取った画像です。

    切り替えでも、腰が伸びないように必死で前傾角を保っていることが分かります。

    腰が伸びてしまうと、
    身体が置いて行かれやすくなります。

    そしてその結果、
    後傾になりやすくなってしまうのです!

    急斜面小回り 切り替えの注意点

    これまでは切り替えのコツをご紹介してきましたが、ここでは注意点も一緒に2点ご紹介します!

    切り替えで上に抜けて立ち上がってしまう

    切り替えでは立ち上がらないということは重要です。

    悪雪や緩斜面では、上下動を使って少し荷重を軽くすることも技術の一つですが、特に圧が強くなる急斜面の小回りでは、立ち上がらないように注意しましょう!

    切り替えで上に抜けて立ち上がってしまう

    切り替えで立ち上がってしまうと、
    次のターンの捉えができず、ターンに入れてもエッジングが後半に集中してしまい、スピードを殺す滑りになってしまいます。

    テククラの小回りでは、
    原則としてスキーからの圧を抜くことなく次のターンへつなぐことを心がけましょう!

    重心を下げ過ぎて後傾になる

    重心を下げ過ぎて後傾になる

    ターン後半には、重心を下げて強くかかる圧に耐えられる状態を作ることは非常に重要なポイントですが、下げ過ぎにも注意です!

    重心を下げ過ぎると、お尻が落ちて脛が起きてしまい、後傾になってしまいやすくなります。

    こうして後傾になってしまうと…

    • ターン前半で捉えができない
    • 次のターンでトップから入れない
    • 切り替え後に吹っ飛んで飛んでしまう

    こうした失敗の原因になってしまうこともあるのです。

    次のターンでトップからしっかり雪面を捉えるためにも、切り替えでお尻が落ちて後傾にならないように注意しましょう!

    スキーの急斜面小回りの切り替え まとめ

    それでは今回のまとめです!

    急斜面小回りの切り替えのコツ

    • スキーの真上に乗り続けること
    • 膝の力を抜いてスキーの反動を吸収する
    • 膝の返しを利用する
    • 腰の前傾を緩めず伸ばさない

    ということで、
    今回はテククラ対策ということで
    急斜面小回りの切り替えのコツをお話ししてきました!

    今回ご紹介のテクニックは、
    これまでに僕が掴んだ感覚の中でも
    上達を実感できたものを厳選しました!

    スキーは切り替えが改善できれば、
    滑りの質が飛躍的に向上します!

    なので、もしテククラ合格まで”あと1点”が足りないという人は、今回に解説したように『切り替え』を見直してみてはいかがでしょうか?

    テクニカルのマニュアルをご紹介!

    今回はプライズ検定対策ということで、
    僕が運営する「ナオキのオンラインスキースクール」にて、一つ読んでいただいたアナタへピッタリのマニュアルをご紹介します!

    それがコチラ▼

    【スキー教程に載らない話】プライズ検定に合格する『ターンの質』を徹底解説!合格のための基礎技術を徹底的に詰め込んだ渾身の一本!
    • テクニカルを目指す人
    • 何度やっても合格点が出せない人
    • テクニカル挑戦者の必読書!
    プライズ検定を突破する最重要の鍵!
    「ターンの質」UPの必須マニュアル

    非常に好評で多くの方へご利用いただいているマニュアルになります!

    今シーズンのレベルアップに是非ご活用ください!^^

    それでは今回は以上です!

    ナオキ
    ナオキ
    最後まで見ていただき、
    ありがとうございました!


    今回の内容に関連するオススメ教材

    ABOUT ME
    生涯全力スキーヤー ナオキ
    【利用者50名以上のオンラインスキースクールを運営中!】 ブログ・SNS・YouTubeで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです! 自身の検定を目指してきた苦悩の経験/指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験/さらに誰よりも何よりも分かりやすさを追求して2年間ブログを書き続けた経験から、《目標を持って頑張るスキーヤーを応援したい!そして、自身も生涯本気でスキーを楽むスキーヤーでありたい!》そんな理念を持ってスキーを全力で楽しむ皆さんへ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を発信中!
    大好評の2大コンテンツ
    オンラインスクール
    メールマガジン
    ナオキのオンラインスキースクール
    • 大好評のオンラインマニュアル
    • 個別の検定サポートも充実
    • ビデオアドバイスで弱点克服
    • スキーヤーの悩みを確実に解決!
    合計で50名以上の利用実績!検定合格者が続々輩出しています!
    メルマガ_スキー検定対策講座
    • 検定合格までの完全ロードマップ
    • 検定に役立つ記事を毎日お届け
    • 1日1記事読むだけで無理なく上達
    • 有料マニュアルの特典付き!
    期間限定でオンラインスクールで3000円で販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を無料プレゼント!

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    オンラインスキースクールへ!
    オンラインスキースクールへ!