1級編

スキーの最重要技術『外傾』を図解!ターン中に外傾なくして、検定合格はあり得ない!?

皆さんこんにちは!

生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回は、僕が個人的にスキーの技術で最も重要だと思っている、

『外傾』

についてお話ししたいと思います!

題名にしたように、 外傾はプライズ検定ではもちろん、全てのレベルで必須の技術になります。

実は、僕が”外傾”をちゃんと理解したのは、信じられないことに1級に合格してからでした...

もちろん、技術としてはある程度持ってはいたのですが、言葉自体も聞いたことがあった程度で、意味を全く理解していませんでした。

これらの専門用語をきちんと説明してくれる人がいなかったというのもありましたが...

前回まで、 テクニカル合格のための、スキーの滑走性を引き出す技術について解説してきました。

スキーの走りを引き出せ!ターンの支点コントロールで山回りで圧を受け止め、板の走りを引き出す”タメ”を作る方法!皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのNAOKIです!

今回の内容は、前回の続編です!
まだ前回の記事を見ていない方は、こちらからど...

テクニカル合格に必要な曲げ荷重でターンに滑走性を!スキー板をたわませる技術を身に付け、プライズ攻略へ!
こんな風に悩んだこと、 ありませんか?




前回までは、 ターンの支点についてお話ししました。
内容は、ターン中の局面に応じて支点...

これらも、実は外傾ができていることが絶対条件です!

逆に、もしこれができていないとこれらの技術は効果を発揮できないので、

あえて「最重要」という言い方をしました。

もし「初めて聞いた!」という方がいらっしゃれば、必ず意識してみましょう!

これだけで滑りの安定感は段違いにかわると思います!

1級に合格されるレベルの方であれば、全くできていない!

ということは無いかと思いますが、僕みたいにあまり意識してこなかったという人もいるかもしれません。既に技術も知識も習得されている方は、全く問題ありませんので、基本の再確認のつもりで読んでみて下さいね♪


そもそも外傾とは?

外傾とは…

外に傾くことだ〜!!

...すんません、ちゃんと説明します(笑)

まずは、ターンの内側と外側についてです!

僕は昔、ここすらちゃんと把握してなかったので、 念のためここで図解しておきます!

外傾とは、

文字通りターンの外側へ傾きを作り、外足に正確に荷重できる姿勢を作ることです。

つまり、図の青↑の方向へ傾きを作っていく動作のことになります。

外傾の動作をとりはじめるタイミングは、スキーがフォールラインに向き始める時です。

ターンの半円を時計に例えると、3時と9時の時点からです。

そのくらいから、頭の位置を外足寄りに動かしていきます。

別の表現をすると、外肩を外側へ少しずつ倒していきます。

こうすることで、「くの字姿勢」と言われるシルエットができ、4時と8時のところでターンMAXを迎えます。

画像は少しオーバーにし過ぎましたが、 外傾の姿勢をしっかりとってくの字姿勢が現れています。

このときに重さをしっかり外足のインエッジに乗せてスキーをたまわせ、このたわみを解放させることで推進力に変えていきます。

この動きが、スキーの走りを生み出してくれます。


ターン後半の外傾は滑走性の鍵

板の走りは、板のたわみを解放することで生まれると説明しました。

外傾をとり、スキーをたまわせてあとは解放させる。非常にシンプルな理屈です。

ですが、怖いことを言ってしまうと、 ターン後半の外傾を忘れてしまってはこれらの動作は全て水の泡です!!

にも関わらず、僕が見た中でクラウン検定の受験者レベルでもこのターン後半の外傾姿勢が甘いと思われる方も意外と多く見られました!

難しいことではないですが、忘れられがちなことなんで今一度出来ている人も再確認しておきましょう!

では以前にもお借りしましたが、 こちらの画像をご覧下さい。

(出典:青木哲也デモのFacebookより)

この場面は、ターンMAXを過ぎて切り替えに入る直前を横から撮影したものです。

つまり、ターン後半の山回りです。

ここで意識することは、

もちろん今回のテーマ『外傾』です!!

ターンMAXまで脚を伸ばしながら正しく荷重すると、ターン後半は足が谷側、上体が山側にある状態だと思います。

これは哲也さんの画像を見てもらうと分かると思います。

その状態から、さらに荷重を続けることで、脚部は自然と曲がってきます。

詳しくはこちらで解説しています!

テクニカル合格に必要な曲げ荷重でターンに滑走性を!スキー板をたわませる技術を身に付け、プライズ攻略へ!
こんな風に悩んだこと、 ありませんか?




前回までは、 ターンの支点についてお話ししました。
内容は、ターン中の局面に応じて支点...

ここで、ポイントです!


肩のラインを斜面と平行になるように構える


これが今回の一番のポイントです!

ここで谷側の肩をしっかりと落とし、雪面から強まる圧に耐えられるポジションをとるのです。

圧を受けて曲がってくる足が腰の下に返っててくるまで、絶対に肩のラインを崩さないで下さい。

圧が逃げてしまうので、 上体の角度はなるべくキープで!(^-^)/

ここで一つ注意事項!


肩のラインを斜面と合わせるために、山側の肩を上げ過ぎないように!!


山側の肩を上げ過ぎてしまうと、

次のターンの外足と重心が離れたまま次の谷回りを迎えてしまいます。

すると… 次のターンへ入る瞬間、とんでもない事件が起こります。笑

NAOKI
NAOKI
ま、とにかく色々と説明したけど、 結局は、両肩から伝える重さが抜けないようにすればいいってことだね!


まとめ

では、今回のまとめです!

まとめ!


  • 外傾は、外足に正確に荷重するために、ターンの外側に傾きを作って重心移動をすること
  • タイミングは、スキーがフォールラインを向き始める時
  • 肩のラインを斜面と平行に合わせて圧に耐えられるポジションをとる

外傾は、ターンの最重要技術とあえて大袈裟な言い方をしましたが、

初心者〜技術選トップクラスまで、全てのスキーヤーにとって重要であることは間違いないと僕は考えています!

万が一、プライズ合格を目指すレベルのスキーヤーでも意識することを忘れてしまっていたのであれば、僕の記事を見て思い出してもらえたら嬉しいです!

今回は以上になります!

次回はなんと!

テクニカル大回りで加点を出した僕のノウハウ実践者の滑りを大公開します!

そして、その滑りを参考に、 これまでのノウハウのおさらいをしようと思います!

ではまた次回お会いしましょう!

最後まで見ていただき、 ありがとうございました!

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

オリジナル商品

画像をクリックして紹介ページへ☟

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ

真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です