クラウン

【誰にも出来ない】スキーを走らせる「山回り」の極意を解説します!

【誰にも出来ない】スキーを走らせる「山回り」の極意を解説します!

 

『断言します!』
この解説は他の誰にもできません!

というか、誰もしてません!!


ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです

今回は、『山回り』についてです!

ありきたりなつまらない山回りの解説ではなく、
本気でスキーを走らせる山回りのポイントを分かりやすく解説します!

「これは目から鱗だった!」

今回を読み終わった後には、
そう思ってもらえること間違いなしです!

プライズ検定には“スキーの走り”が不可欠で、今回お話しするポイントも合格できる人は誰もがやってることです。

ですが、
その山回りのコツは無意識にやってるかもしくは難しくて解説ができないのです!

そんな誰も言葉にできないポイントを今回僕が粉々に噛み砕いて大公開しちゃいます!

それでは早速、
スキーを走らせるための山回りの極意を見ていきましょう!

スキーが走る山回りの3つの極意

それでは早速ですが、
いきなり本題に行きましょう!

上半身と腰の向きで捻りを作る

今回はこれが言いたくて記事を作ったと言っても過言ではありません!

ナオキ
ナオキ
めちゃくちゃ重要なのに、
なんで誰も言わないんだよ!

と、ずっと思っていたことですが、
ここでお話しするポイントはコチラ!

  • 上半身はフォールラインを向けてキープ
  • 腰は積極的にターン方向へ回旋させる

山回りでは上半身と腰の使い方が最大の鍵となります!

図で表すとこんな感じです!

上半身と腰の向きで捻りを作る

腰が先にスキーに合わせて回旋し、
後から遅れて肩が最後に追い付いてくるイメージです!

この上半身と腰の回転量の違いが“股関節の捻り”となります。

こうして上半身と腰の捻りを作ることで、
雪面から返ってくる圧をタメることでスキーの走りを生み出します!

板のたわみとたわみの戻りをマックスに生かすために山回りでの上半身と腰の向きは非常に大事なポイントになります!

脚を曲げずに限界まで伸ばして圧をかけ続ける

次に「加重」についてです!

スキーには「荷重」と「加重」があり、
ここでは加重について詳しくお話ししていきます!

荷重と加重の違い

  • 荷重:スキーに体重の重さを乗せる
  • 加重:体重以上の重さを加える

荷重と加重については、詳しくはコチラの記事で解説していますので、是非合わせてご覧ください!

そして、プライズ検定合格を目指すようなハイレベルなスキーヤーにとっては、スキーを走らせるために山回りでの「加重」が必要になります。

加重をするために最も重要なことは、

自分から脚を曲げず、限界まで脚を伸ばして圧をかけ続けることです!

最も強く圧がかかってくる山回りでは、
自分から脚を曲げると圧を受け止めてタメることはできません!

むしろ、限界まで脚を伸ばして圧を跳ね返し続けることで最大限に圧を利用してスキーをたわませることができるのです!

加重

そして、この時に同時に重要になるのが次のポイントです!

斜面に肩のラインを合わせて圧を受け止める

最後に、山回りで雪面からの圧を受け止める際に重要なことが「外傾」です!

山回りでは必ず、斜面と肩のラインを合わせて雪面からの圧に負けない体勢を取りましょう!

こうして肩のラインを合わせるために、
常にターンの外側に対する「外傾」の意識を持つことが大切です!

逆に外脇が浮いてターン内側(山側)に倒れた姿勢になってしまうと、圧が逃げてしまいスキーが走らないどころか外足に乗れず安定感さえも失ってしまいます!

やはり外傾は最重要技術と言えますね!

「C字からS字へ!」スキーの谷回りと山回り

検定や大会では、
谷回りが重視されていますが…

実は「谷回りをどう作っていくか?」
というのは全く大事なことではないのです!!

検定や大会のジャッジは谷回りを見ているとかよく言われてますが...

谷回りを綺麗に見せるためには山回りにかかっているのです!

イメージは山回りは谷回りのための助走と思っていただければ分かりやすいでしょうか。

なので、山回りで圧を利用して上手く板を走らせた助走からあるから谷回りで深い内傾角を決めてターンに入れるのです!

これが本当のS字ターンのイメージです!

多くのプライズ挑戦者は、
谷回りが大事だから谷回りだけにフォーカスして綺麗に見せる方法を練習しています。

ですが、もうお分かりですよね!

谷回りだけで悩んでも、これまで不合格だった理由はそこだけじゃないはずですよね!^ ^

【まとめ】スキーを走らせる山回りの極意

それでは今回のまとめです!

山回りの極意 3箇条

  1. 上半身と腰の向きで捻りを作るべし!
  2. 自分から脚を曲げず伸ばして圧をかけ続けるべし!
  3. 斜面に肩のラインを合わせるべし!

ということで、
いかがでしたでしょうか?

今回はスキーを走らせてプライズ検定を突破したい人向けに、山回りのポイントをお話ししました!

今回の内容はテクニカルでもクラウンでも重要なポイントになりますので、是非覚えていていただけると嬉しいです!^ ^

ちなみに、山回り後の切り替えの極意についてもコチラの記事で解説していますので、良ければ合わせてご覧下さい!

それでは今回は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!
ナオキのオンラインスキースクール

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者特典~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

オンラインスキースクールへ!
オンラインスキースクールへ!