【利用実績50名以上】オンラインスクールCLICK!

外傾、内傾、外向、内向…今さら聞けないスキー用語を分かりやすく解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

いつも普通に使うスキー用語
きちんと説明できますか?

「あれ、意外と分かってない…」
そんなスキー用語はありませんか?


ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

皆さんは、

お悩み人

よく聞くけど、
実はあんまり意味が分かってない…

そんなスキー用語、
意外とたくさんありませんか?

以前までの僕はぶっちゃけ、
スキー用語なんて全然分かってないままにある程度まで上達してしまったせいで、

レッスンを受けた時に用語が理解できなくても、聞くに聞けませんでしたw

そのせいでせっかく受けたレッスンの効果も半減。
まさに悪循環でした。

今回は、雑誌やレッスンで非常に頻出するスキー用語の4つを解説しようと思います!

その4つのスキー用語とは、
「外傾」「内傾」「外向」「内向」
です!

これらは勘違いしてしまうと、
コーチのせっかくのアドバイスも吸収しきれなくなります…

画面の向こうでドキッとした上級スキーヤーも復習のつもりで活用して下さいね!笑

目次

ターンの内側と外側

今回のこの4つの用語を説明するにあたり、
必ず確認していただきたいことがあります。

それは、ターンの「内側」と「外側」です。

もしこれを間違えて捉えてしまうと、
本当にどえらいことになります。

僕はかつてその意識すらありませんでしたが…(笑)

図を使って説明すると、このようになります。

スキー ターン 内側と外側

ターンを半円とすると、
その内側・外側で考えます。

特にターンの円を時計で例えると、
12時と6時の部分は前のターンが終わるので、内側・外側の入れ替わりがあります。

ここは特に注意が必要ですね。

今回の4つのワードは、
全てターンの”内””外”に関することなので 念のため最初に確認しました。

では、次からそれぞれの解説に入っていきましょう!

ターンの最重要技術!!「外傾」

「外傾」は以前の記事でも取り上げて解説しましたが、スキーの技術で最重要と言っても過言ではないくらい大事な技術です!

あわせて読みたい
スキーの最重要技術『外傾』を図解!ターン中の外傾なくして、検定合格はあり得ない!? 今回は、僕が個人的にスキーの技術で最も重要だと思っている、 『外傾』 についてお話ししたいと思います! ▼音声で聞き流す方はコチラ!(バックグラウンド再生も可能...

万が一、あなたが普段練習するときにこの外傾の意識が無ければ、最優先で取り入れましょう!

外傾とは?

外足に乗るために、ターンMAX〜後半にかけて外肩・外腰をターン外側に倒し、圧をかけられる体勢を作る動作のことです。

スキー 外傾

動作ではなく、現象と思え!?「内傾」

次の「内傾」は今回の中で、
ダントツで説明が難しい単語です。

では、上級スキーヤーの皆さん!

初中級者に

お悩み人

内傾って何?

と聞かれた時、何と答えますか?

僕は、一言で答えるのであれば…

『ただの現象』と答えます!

お悩み人

「内側に傾く」
だから動作じゃないの?

僕がなぜ、現象と答えるのか?

それは、僕の内傾に対してこのように考えているからです。

内傾とは?

ターン中に発生する遠心力に耐えられるように、自然と現れる傾きのこと。

正しい運動をした結果として自然と形ができていくものなので、自ら作っていく「動作」ではなく「現象」と説明しています。

正しく圧をかけろ!「外向」

「外向」は、人によって最も説明の仕方が分かれる単語です!

故に色んな人のレッスンを受けてきた人にとっては、混乱することもあったかと思います。

なので、ここではめちゃくちゃ簡単に分かりやすく解説していきますのでご安心を^^

ますは僕の考えをまとめました!

外向とは?

これも、ターン前半で正しく両脚へ力を伝える形を取るとと自然と現れるものですが、これに関しては最初は動きを覚えるために、意識して形を作るところから始めてもいいと思います。

外向は…

作らなければ、
正しく両脚に力を伝えにくい。

逆にやり過ぎると、
腰が外れる・角が立ち過ぎる。

という非常に厄介なものです。

これも、

「両脚のグリップが無くならないように」

ということを意識していれば、
ターン弧やスピードに応じて自然と現れるものだと考えて問題ありませんが、

「両脚のグリップが無くならないように」という意識を持つためのコツも以前の記事で解説したことがありました。

それがこの記事です。

あわせて読みたい
スキーの谷回りでシルエットを一気にカッコよくする秘密の方法を大公開!○○からの荷重で一気にテクニカ... 自分の滑りを見て 「うわ、ダッサ...」 と思ったこと、ありませんか? 今回は僕の後輩のビデオを見ながら、 プライズ検定を目指す皆さんにも、参考になるアドバイスをし...

「ターン前半に両肩から荷重する意識」
がポイントでしたよね!

雪上で試してみると外側の肩はもちろん
内側の肩もターンの外側を向いていると思います。

それで自然な外向ができるのです!

実践の滑りではどこに使う?「内向」

「内向」は言うまでもなく、
ターンの内側を向くことですが…

僕の感覚では、
実はあまり意識していません。

内向とは?

ターンの始動時に上体を目線と一緒にターンの内側へ向けることでターンの始動がスムーズになり、雪面の捉えもしっかりできます。

ですが、
僕の感覚では実践で使うことはほとんどありません…

こうした技術は、ターン局面や雪質によって使い分けが必要だということですね。

ターン始動時に適度に上体を開きながら入ることで、確かに上記のようにスムーズな入りと雪面の捉えがしやすくなります。

ただ、後半まで引っ張ってしまうと…
今度はローテーションや内倒をしやすくなってしまいます。

使う場面をしっかり意識することが大事ですね!

【まとめ】スキー用語 外傾・外向・内傾・内向

では、今回のまとめです!

今回のまとめ
  • 外傾は外肩・外腰を外側へ倒していく
  • 内傾は遠心力に耐えるために現れる傾き
  • 外向は両脚に正しく力を伝えると自然と出るもの
  • 内向はターンの始動と雪面の捉えをスムーズに

ということで、
いかがでしたでしょうか?

今回は意外と聞いたことがあっても、
なかなか細かな解説をされていないスキー用語についてお話ししました。

スキー用語には、単語を見ただけでは勘違いをしてしまいそうなものや、実践する場面を間違えて逆効果になってしまう場合が結構あります。

ナオキ

腰高とか上下動とかね

こういった用語を一つ一つ学んでいくことで、

スキーに対する理解が深まっていき、
新たな技術が身に付いていくのです。
そしてその試行錯誤の上に成長があります!

僕の発信が、少しでも皆さんの成長のキッカケになれば嬉しいです!^^

それでは今回は以上です!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

スキー メルマガ
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • 検定合格に必ず役立つ記事をお届け
  • 期間限定で有料マニュアルの特典付き
  • オンラインコミュニティへ特別ご招待
期間限定で3000円で販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を無料プレゼント!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる