テクニカル編

プライズ検定対策!スキーの谷回りでかっこいいシルエットを出す方法を大公開!○○から荷重の意識で一気にテクニカル合格へ!

 

自分の滑りを見て、
「うわ、ダッセー...」
と思ったこと、ありませんか?


ナオキ
ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!


今回は僕の後輩のビデオを見ながら、
プライズ検定を目指す皆さんにも、
少しでも参考になるようなアドバイスをしたいと思います!

そこで今回の内容ですが、

シルエットをかっこよく魅せるための方法と意識

について話していきたいと思います!

 

皆さんは自分の滑っているビデオを見て、

お悩み人
お悩み人

うわ、ダッセー...

と思ったことはありませんか?

 

僕も初めて自分のビデオを見たとき、

うわ、こいつキモッ!
誰コレ...俺やんけ(笑)

ナオキ
ナオキ

って思いました(笑)

 

それからは、かっこよく滑りたくていつも鏡の前で柏木義之デモの真似ばっかりしていました。(それだけじゃダメとも知らずに...)

(出典:柏木義之デモのFacebookより)

↑こんな感じのばっかり見ていました(笑)

 

スキーヤーにとって、
超スピードでかっこいいシルエットで滑ってゲレンデの人たちから注目を浴び、女の子からもモテモテ!

そんな夢を見たこと...絶対ありますよね??

僕はいつでもそんな妄想ばっかりですが...笑

ナオキ
ナオキ


まぁ、そこまでいかなくても(笑)、

プライズを目指すレベルのスキーヤーであれば、
きっと見栄えや迫力のあるターンを目指してこられたと思います!

 

そしてもちろん、
そこには少なからず採点にも影響があります!

けど...ビデオで見ると
自分の滑りがダサい(><)

お悩み人
お悩み人

今回は、そんなスキーヤーのお悩みを解決したいと思います!

 

後輩君の大回り なぜお題がシルエット??

では、
さっそくビデオを見てみましょう!

 

まぁ彼はテクニカルまであと一歩というところまで迫ったほどの実力者!

研究意欲もかなりあるので、
ほっといても来シーズンには受かるでしょう!

では皆さん、さようなら~(@-@/)

ふらの
ふらの

おいw

はい、もちろん冗談です。笑
ナオキ
ナオキ

 

彼の滑りを見てもらうと、
足元の操作は抜群に上手いです。

雪面もとらえているし、
重さの感じられるターンをしています。

そして何よりシルエットが悪い訳ではないですよね。

むしろ見た目は綺麗です。

では、なぜ今回のお題をシルエットにしたかというと、

 

彼の課題を考えた時、

「これを意識できると谷回りのシルエットが一気に良くなる!」

「プライズ合格を目指すスキーヤーにとって、意外とココで一気に滑りが変わる人も結構多いのでは?」

と思ったからです!

 

でも、気を付けて下さい...

実は今回はシルエットを良くするのが目的ではなく、これから先はもっと大事なことも話してます!

スキーのシルエットは”動作”ではなく”現象”

それではまずはシルエットについてお話しようと思います!

最初に昔に僕が柏木デモの真似をしていた話をしましたが、これはシルエットを完コピしようとしていただけだったんですね。

何度も画面を見比べたり、
鏡の前で格闘したりしてましたw

 


(昔の自分の絶望的なシルエット...)

 

けど、これだけじゃダメだったんですね。

なぜシルエットを真似しようとするだけじゃダメなのか?

をここでは説明していきたいと思います!

 

ターン中のシルエットは、
雑誌やDVDでよく「正しい運動をした結果」という表現をしているのをよく見かけます。

これは全くその通りだと思います。

これはつまり『現象』というやつですね。

 

スキーでは「動作」の先にしか「現象」はありません。

表現したいシルエット(=現象)があるのであれば、それにつながる正しい運動(=動作)を知る必要がありますよね。

 

シルエットつまり形だけ真似をしても正しい運動ができる技術が伴ってないと評価されないんですね(-_-)

個人的には形から入るというのは
導入として間違ってはいないと思うんです。

実際にストックワークが格段に良くなったり、
逆にシルエットを真似しようとして技術がオマケのように付いてくることもありました。

(知らない間に改善されてたというだけです笑)

 

上手い人の真似をしたり、
シルエットでカッコつけようとするのは大いに結構!

ただ、大事なのはやはりターンの質なので、
「形だけじゃダメ!」ということも忘れないで下さいね♪

谷回りでターンの支点をコントロールせよ!

後輩君の滑りで僕が注目したのは、

谷回りでターンの支点が低い

ということです。

 

ターンの支点とは

身体のどの位置から雪面に重さをかけるかということです。 てこの原理の支点・力点・作用点の「支点」です!中学の理科、覚えていますか?笑

 

谷回りでは、高い位置から重さを乗せるのが理想的です。

なぜなら、高い位置からスキーへ荷重できると、板の面に対して上半身含めた全身で垂直に荷重ができるようになるからです。

すると、最も効率良く、そしてより大きな力を板に伝えることができます。

 

 

さらには身体が一番長く見える姿勢でターンに入れるので、かっこいいシルエットができます。

 

後輩君の場合では、
谷回りと山回りでスムーズな1ターンの流れができていない
ということがお分かりでしょうか?

山回りに圧が集中してしまっており、
1つのターンの中で圧を上手く利用してスキーのたわみを活かしきれていないのが非常に残念な部分なんです。

 

その原因も谷回りの描き方ではないかと思います。

これが本人が今一番悩んでいる、

落差のあるターンができない”

という現象にもつながってきていると考えられます。

 

先程の僕の画像と、
後輩君の画像で谷回りでのターンの支点を比較してみましょう!

 

この二つの画像で、
支点の高さの位置が違うことが分かるでしょうか?

後輩君は腰のあたりから
僕は胸のあたりから重さを乗せています。

 

実は僕たちの体格はほとんど変わらないのですが、シルエットも身体の長さの見え方も全然違ってくるのですね!

 

ここまでは、「現象」の話をしてきました。

 

次からは高い位置から谷回りに入り、
身体の長い軸を魅せるためには、

どんな「動作」をすれば良いのか?

という「意識」について説明していきたいと思います!

谷回りは両肩からの荷重で上半身の重さを乗せろ!

では、ここでは具体的に谷回りで支点を高くするための動作について説明していきます!

答えは見出しにも書いてある通り、
「両肩から荷重し続ける」ことです。

ナオキ
ナオキ

これ、意識一つで
めちゃくちゃ滑りが変わりますよ!

マジで!!

まず、ターンの前半って脚を伸ばしていってる時間ですよね?

その時間にポイントがあります!

 

脚を伸ばしていくときに両肩から、傾いていく両スキー板に対して垂直に荷重していきましょう!

 

 

①「きちんと両肩から」重さを伝えていきましょう!
どちらか片方だけになったり、肩から重さが伝わっていない時は正確に荷重できていない可能性が高いです。

②やりすぎて前傾過多にならないように!
肩(上半身)からの荷重を強く意識をして、前傾が強くなり過ぎたり、せっかく身体を長く魅せるべき谷回りで膝から脚部を曲げてしまわないようにしましょう。

 

脚を伸ばしていくということは、
身体からどんどん離していく動きになりますが、

あくまで両肩から重さをかけ続けて下さい。
そして必ず両肩から力を伝えているという感覚をつかんでいる状態のままターンへ入っていきましょう。

そうするとスキー板の面が壁となり、
かけ続けた分の圧が雪面から返ってきます。

(雪質によっては返ってこないときもありますが笑)

 

ターンマックスまでは、こうして脚を伸ばしながら圧をかけ続けましょう。遠心力に逆らう感じです。

これが、板をたわませていくということなんですね。

山回りでは、今後は徐々にその圧を抜いていきます。

これは、ここまでずっと遠心力に耐えていた荷重の力が徐々に遠心力に負けていくイメージです(←意味が分からなければここはスルーでOK!)

 

地上でも簡単な動きで試してみてください。

肩のラインが板(足)の傾きと平行になると思います。

 

上半身も板に合わせて綺麗に傾いていますよね?

これがよく聞く「内傾角」というやつです!

この体勢が最も身体が長く見えますね。

 

後輩君の場合、
上体の傾きが少ないのでくの字姿勢が早い段階で出てしまいます。

 

一番身体を長く見せたいタイミングで
軸が腰から折れてしまっています!

 

この場合、
両肩から板に垂直荷重ができず、
腰から荷重をするしかなくなります。

このまま脚を伸ばしていくとエッジが過度に立ってしまい、スピードを出せば出すほど角は強くなっていきます。

 

ここで何が起きるかというと...

谷回りで落差がとれなくなってしまいます。

正確には、落差を生む時間が取れないのです。

全身で徐々に、ゆったりと荷重をしながら谷回りを魅せていくことが大事になってきますね!

まとめ

では、今回のまとめです!

まとめ!

  • シルエットは動作の結果として現れる現象!
    真似するだけではダメ
  • 谷回りではターンの支点を高くとること
  • 両肩から両スキーへの荷重を意識し、長い軸をとる
  • 支点と圧をコントロールし、谷回り~山回りを一つの流れにする

  •  
  • 今回は「シルエットを良くするために!」という感じの題名にしましたが、これまで説明した動きや意識をすることで、”結果的に”かっこいいシルエットが現れるという流れを覚えておいてくださいね^^

     

    少し乱暴な結論になりますが、
    今回僕が説明した谷回りでの支点を習得できれば、ターン前半のどのシーンを切り取ってもシルエットなんて勝手に見栄えしてますよ(笑)

    そして後輩君も、
    ターンを一つの流れとして支点と圧をコントロールできれば、
    合格はもう目の前だ!!

    ナオキ
    ナオキ

    今回は以上です!

    最後まで見ていただき
    ありがとうございました!

    生涯全力スキーヤー ナオキ




    ABOUT ME
    NAOKI
    『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

    オリジナル商品

    画像をクリックして紹介ページへ☟

     

    Skier's メールマガジン

    ~プライズ検定の壁突破講座~

    Skier's マガジン
    プライズ検定の壁突破講座
    名前(ニックネーム可) 必須
    メールアドレス 必須
    今のスキーのお悩みは?(任意)

     

    ナオキ
    ナオキ

    真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
     

    ☝画像をクリックして
    レターページへ

    プライズの高すぎる壁に、
    諦めムードだったチームメイトを
    テクニカル合格に導いた

    ナオキ流スキーメソッドを
    メールマガジンにて配信中!

     

    ~登録者プレゼント~

    『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です