MENU
クラウン編

【解説動画あり】スキーの切り替えで意識することは○○だけ!?圧を抜かないための方法

 

ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!


今回は、切り替えの動きについて、
解説していきたいと思います!

突然ですが、
皆さんにとって「理想の切り替え」とは
どんな切り替えでしょうか?


切り替えの方法はいくつかありますが、

『圧が抜けず、次のターンへスムーズへ入っていける切り替え』

が理想ではないでしょうか?

 

切り替えについては、
僕にとっても長年の課題でした。

今回はそんな僕が試行錯誤してきた中で、
最もしっくりきた「切り替えの感覚」についてお話ししていきます!

 

▼Youtubeでも動画で解説しています!

チャンネル登録もお願いします!!

 

 

 

もし今回の内容を習得していただければ、

圧を抜かないままに切り替えができ、
次の谷回りへも重さを乗せて入ることができるようになります!


早速内容に入っていく前に、
井山敬介さんのインスタに切り替えの参考になるすごくいい動画を見つけました!

こちらの滑りも解説にお借りして使わせていただきますので、まずはこの5秒ほどの切り替えのスロー動画を見てみて下さい^^

View this post on Instagram

ban.K @loveskihokkaidotv #loveskihokkaido

A post shared by Keisuke Iyama (@iyamakeisuke) on

スキーの切り替えで意識すべきは脚の長さ!

いきなり結論をお話ししますが、
切り替えでのポイントとは、

『両脚の長さを同じにする』

 

これだけでは少しイメージしにくいかもしれませんので、切り替えを横から見た時の脚部のイメージをしてみて下さい。

『横から見た時の両脚の長さを揃える』

圧を抜かない切り替えのポイントは、
たったこれだけです!

 

井山さんの滑りで図解してみるとこんな感じです▼

下手したら勘が良い人はこれだけで何かを掴めてしまうかもしれませんが(笑)

せっかくなので、
もう少し具体的な部分まで解説を展開していきます!

スキーを切り替える時の重心移動

スキーの切り替えは、
切り替えに至るまでの重心移動が鍵を握っています。

 

ターン後半〜切り替えには、
徐々に重心を谷足の方へ移動させていく動きが重要です。

切り替え時には、
「ニュートラルポジション」
つまり、重心が両足の間にくるようにターン後半でしっかり谷側へ向かって動いていきましょう。

 

もう少し具体的に言うと、
腰が両足の真上に来るように
動かしていくことが重要です。

横から見て両脚の長さを同じにするために
まずは切り替えで腰を両足の真上に持って来ましょう。

ターン後半から徐々に腰が板の真上に来るまで腰を谷側へ動かしていきます。

 

ここまでの谷回りの重心移動についてまとめておきます!

  1. ターン後半には重心を谷側へ向かって移動させる
  2. 切り替え時には「ニュートラル」にする
  3. ニュートラルのポイントは、
    「重心が両足の中心」「腰が両足の真上」になること

山回り〜切り替え時のエッジの角度について

それでは視点を変えて、
エッジの角度に注目してみます。

 

ターン後半には、
下から見て山側(上側)のエッジが立った状態です。つまり谷側(下側)のエッジが浮いた状態ですね

そこから谷側のエッジが浮いたまま「一気に」切り替えるのでは、スムーズな切り替えにはなりません。


 

切り替えでは、
板を一度『フラット』にしましょう!

フラットとは「エッジが立っていない状態」のことです。

 

板の角度を斜面と平行にすることでエッジが完全に外れることになりますね。

徐々にエッジの角度を緩めていき、
完全にゼロになるまで重心移動をしていきましょう!

ここでいうゼロとは、
谷側のエッジと雪面のスペースが完全に無くなる状態のことです!


ターンの切り替え時の腰の向き

次に切り替える時の「腰の向き」についてお話ししていきます。

ターン後半には、
腰を正対させた方が推進力を生みます。

なので、腰の向きは進行方向に揃えましょう。
つまりスキーの向きと同じです。

 

ただ注意点として、
上半身まで同じ向きにならないようにしましょう!

上半身が板と同じ向きまで回ってしまうと、
次のターンで重心を谷側へ落としにくくなるからですね。

 

つまり…

「腰の向き」と「上半身の向き」が異なるので、

上体と腰で捻られた状態になります。

ターン切り替え後の動きについて

切り替えた後には、次のターンの谷回りへ入っていきますが、

ターンの入り方については2パターンあります。

  1. 重心が低いまま
  2. 重心を高い位置に戻す

①重心が低いままにターンへ入る

ペンディングターンと言われる動きですね。

切り替えで両脚の長さを同じにし、
低い姿勢を作って切り替えた後、そのままの高さで次のターンへ入ります。

ずっと雪面に貼り付き、
安定感が出るメリットがあります!

②重心を高い位置に戻してターンへ入る

もう一つは、切り替え後に重心を高い位置へ戻してターンへ入っていく滑りです。

重心が高い位置からターンを始めた場合、

  1. 体軸の傾きを利用できる!
  2. 身体が長く見え、シルエットが良くなる!
  3. 無駄な力を使わずに滑れる!

とメリットが多いですね!

 

検定や大会では、ハイスピードの演技が求められるので、谷回りで重心を高い位置に戻し、腰高のポジションを取ることが圧に耐えるために有効のためにオススメです!

ターンの切り替え まとめ

それでは、今回のまとめです!

ターンの切り替え まとめ!

切り替えでは...

  • 両脚の長さを同じにする!
  • 重心は両足の中心に来るように!
  • 腰は両足の真上に来るように!
  • 谷側のエッジと雪面のスペースを完全に無くせ!

切り替え後は...

  • 重心が低いまま
  • 重心を高い位置に戻す

 

ということで、
今回はターンの切り替えについて解説してきました!

以前にお客様のビデオアドバイスにて、
テクニカル合格のための切り替えでの踏みかえ動作の改善法」についても解説しておりますので、合わせてご覧いただけると、プライズ検定のより効果的な対策になると思いますよ!

それでは、今回の内容をマスターし、
重みのある切り替えで、ターンスピードを上げていきましょう!

ナオキ
ナオキ
今回は以上です!


最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 



ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。