テクニカル

テクニカル検定大回りの切り替えを徹底解説!踏みかえ動作の改善方法

ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーナオキです!

今回もビデオアドバイス企画の解説をしていきたいと思います!

今回のご相談者様(以下、Eさん)は大学生で、
かつての僕と同じく関西の大学でスキーをされている方ということで、勝手に非常に親近感が湧いています!笑

ご本人曰く、ギリギリ1級に合格したとのことでしたが、滑りのビデオを拝見したところ、 「かなりレベルが高い…(笑)」と感じました!

大回りと小回りのビデオをいただいたので、
今回は早速、大回りの滑りを見ていきましょう!

テクニカル大回り Eさんの滑り

 

やっぱ上手いっすね!笑

ポジションが良いので、ターンスピードが上がってもバランスを崩さずに安定して荷重ができています。

1級合格も十分頷ける、
いや遥かにそれ以上のレベルと言えるでしょう!

テクニカル大回り突破の鍵は切り替えにあり!

まず、このビデオで僕が改善できると感じたポイントは、

切り替えです!

切り替えは、1級からプライズにステップアップを目指すくらいのハイレベルなスキーヤーにとって、誰もが一度はぶち当たる壁だと思います。

僕も未だに切り替えに悩むことは多いです(笑)

ナオキ
ナオキ
Eさんだけでなく、かなり多くのスキーヤーに参考になると思うので、ここをよく読んでオフシーズンの間に切り替えのイメージを作っておくことがオススメです!

Eさんとやりとりをさせていただいている中で大回り課題として、

切り替え時の急な上下(屈伸)運動

ということも挙げられていました。

 

おっしゃる通りですね!^^

まさに僕が改善点として指摘させていただこうと思っていたのは、切り替えの急な動きで真上に伸びてしまっていることでした。

まずここの原因から改善方法を考えてみましょう!

ここでワンポイント!

スキーだけでなく、僕が指導をするときによく生徒に話していることですが、「現象」には必ずその要因となる「キッカケ」があります。スキーで言うところの身体の動かし方、つまり「動作」です。

まず整理していくと、ここでは切り替えで急な動きで上に抜けるという「現象」が起こっています。

その原因となる「動作」を考えてみます。

その原因となる動作とは、ズバリ、

踏みかえ動作

です!

大回りによく見られる踏みかえ動作とは?

どういった動きかというと、
切り替え時にターン後半の谷側の足(前のターンの外足)に荷重している状態から、

一気に山側の足(次のターンの外足)にヨイショ!と荷重を切り替える動作のことです。

極端に言うと、

左足:右足 = 100:0  
⇒左足:右足 = 0:100

という比重で急な乗り換えが行われているわけですね。

ナオキ
ナオキ
Eさんの滑りは100:0ほど極端ではないですけどね(笑)

その反動でスパンと上に抜けやすくなってしまうというカラクリです。

切り替えで上に抜けてしまうと何がいけないかというと、次のターンの前半に捉えができなくなってしまうことです。外足が飛ばされたりしやすくなります。

大回りで踏みかえ動作が出てしまう原因

では踏みかえ動作が出る原因が何かというと、

山足(前のターンの内足)荷重が弱すぎることです!

Eさんは1つのターンが終わるまで外足に荷重を続けるという非常に大切なことを丁寧にできている点は非常に素晴らしいです。

(それだけでもできている人は中々いないと思います。)

ただ、ターン後半になると重力の関係で谷側の方が強い力がかかります。

その時に外足荷重を意識したままターン後半を迎えてしまうと山側の足が軽くなってしまいます。

緩斜面を滑るときはそれでも問題なく、
実際僕もようやくパラレルができるようになったくらいのレベルの方たちの指導をさせてもらう時にはそのように指導しています。

ただ急斜面やハイスピートでの滑走になった時、

次のターンに外足に乗って入ろうとすると必然的に一気に乗り換えるしかなくなってしまいます。

そしてそうすると、強い反発を一気に受け、外足が飛ばされやすくなります。

大回りでの踏みかえ動作の改善方法

お待たせしました!
それでは、踏みかえ動作の改善方法についてお話ししていきたいと思います!

結論から言うと、

両スキーを完全に同調させて機能させること

です。

山足と谷足の板の角度が違うと、
雪面から受ける圧に差が出やすくなります。

そのため、なるべくターン中はエッジの角度が常に揃うように意識してみましょう。

そのポイントとしては、
足元だけで角度を合わせようよするのではなく、角度を合わせる際の『両膝・両腰・両肩』の角度と向きを意識してみて下さい。

そうすることで、
一気に乗り換える動きをしなくとも徐々に次のターンの外足へ重さを乗せながら切り替えを迎え、スムーズに次のターンへ入ることができるようになります。

次のターンの外足に重さが乗ったまま入っていけると、雪面の捉えも自然とできるようになっていきます。

この動きが無くなるので、
切り替えで反動を受けて「スパン」と真上に抜けにくくなるかなと思います。

ただ、これについては、ベンディング動作を覚えていったり重心を正確に谷側へ移動させていく必要もあるので、流石にスキーの神様も簡単には習得させてくれそうにないですね(笑)

これから色々試してもらいながら話し合っていきたいなと思っています!

 

ご参考として、僕がいつも参考にしている佐々木常念さんのオンラインレッスンのビデオを載せておきますので、是非合わせてご覧ください!

テクニカル大回り 最後に

大回りだけで少し長くなってしまったので、
小回りはまた別記事で解説させていただきたいと思います。

スキーの難しいところは、
一つの流れになっているので一つ歯車が狂うと良くないことも繋がって起こってしまうことですね。

改善点を細かく分析して一つ一つ地道に改善していくことで次第に滑りが良くなっていきます。

今回Eさんとやりとりをさせていただいている中で、今の課題をお聞きしたところ、ご自身で多くの課題を自覚されておりました。

課題や指摘に関しては大回りだと

  • 切り替え時の急な上下(屈伸)運動
  • 手や腕の位置
  • 谷落ちの意識(外傾)
  • 腰の位置が外れないように

等ですかね。
まだまだ課題まみれです(笑)

 

実際にEさんからいただいた内容ですが、
これほどの課題を既に認識されている時点で非常に素晴らしいことだと思います!

(僕よりしっかり考えられてるかも笑)

あとは、この課題をどう改善していくかが肝心なところですので、今後も精一杯そのサポートをさせていただきたいと思います!

 

最後に、今回の記事を見て下さった皆様へ一つお知らせをさせて下さい!^ ^

コチラは僕が作成したプライズ検定の大回り対策のマニュアルのセットパックです!

プライズ検定対策 大回り突破講座パック

テクニカル 大回り

プライズ検定を突破するために必須な、
「ターンの質」をアップさせる講座と大回りの合格に必須な「スキーの走り」を引き出す講座

この二つでプライズ検定の大回りを確実に突破するためのノウハウを詰め込んだマニュアルのセットです!

興味がある方は是非!!

 

ということで今回は以上です!

Eさんはもちろん、他にも見て下さった方も何か気づきや追加でお聞きしたいことがあればお気軽にコメントにでもご連絡下さいね^^

ちなみに、Eさんの小回りのアドバイスの記事も作成していますので、コチラもご覧下さいね!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
生涯全力スキーヤー ナオキ
【利用者50名以上のオンラインスキースクールを運営中!】 ブログ・SNS・YouTubeで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです! 自身の検定を目指してきた苦悩の経験/指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験/さらに誰よりも何よりも分かりやすさを追求して2年間ブログを書き続けた経験から、《目標を持って頑張るスキーヤーを応援したい!そして、自身も生涯本気でスキーを楽むスキーヤーでありたい!》そんな理念を持ってスキーを全力で楽しむ皆さんへ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を発信中!
▼大好評の2大コンテンツ▼
コチラの記事もオススメ!

POSTED COMMENT

  1. […] 以前にお客様のビデオアドバイスにて、 「テクニカル合格のための切り替えでの踏みかえ動作の改善法」についても解説しておりますので、合わせてご覧いただけると、プライズ検定のより効果的な対策になると思いますよ! […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

オンラインスキースクールへ!
オンラインスキースクールへ!