【利用実績50名以上】オンラインスクールCLICK!

スキーの『骨盤を起こす』とは?安定した滑りに必須な基本姿勢について

スキー 骨盤
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回は『スキーの基本姿勢』についてです!

ポジションはスキーの基本中の基本として、
誰もが大事とするところですね。

そんなスキーの基本姿勢で、
こんなことを言われたことはないでしょうか?

だるま先生

もっと骨盤を起こせ!
もっと骨盤を立てろ!

これ、意味わかりますか??笑
僕はコレを初めて言われた時には、どんな姿勢なのかすぐにイメージできませんでした…

そこで今回は、
この「骨盤」について説明してからスキーの基本姿勢を見ていきたいと思います!

目次

スキーの「骨盤を起こす」とは?

まずはスキーでよく聞く
「骨盤を起こした状態」について説明していきます!

骨盤を起こした姿勢とは次のような状態です。

スキー 骨盤を起こす

「ん?普通に立ってるだけじゃんw」
…と思われるかもですね(笑)

実はその通りで別に難しいことではなく、
皆さんがその場で真っ直ぐに立っている姿勢も「骨盤を起こした状態」なのです。

足に対して真上から重さをかけられる位置に骨盤を置いた状態といえばイメージがしやすいでしょうか。

スキーにおいて、斜面の上でこうした骨盤を起こしたポジションをキープして滑ることは意外と難しいのです。

骨盤で確認するスキーの基本姿勢

骨盤を起こした姿勢については先ほど説明してきましたが、逆に骨盤が寝ている状態の姿勢を見ると違いが分かりすいかもです!

それがコチラ!

スキー 骨盤が寝た状態

骨盤がどうかを説明するよりも、
明らかに上半身の姿勢の悪さが気になりますね(笑)

こうして骨盤を寝かせてしまうと、
力がスキーに伝わりにくいことは一目瞭然ですね!

スキー 骨盤を立てる

見比べてみると、
やっぱりスキーが上手そうなのは骨盤を起こして滑ってる人ですね!

また、単純にその方が滑っていても見栄えもずっとカッコ良さそうですね!

スキーで骨盤を起こした方が良い理由

骨盤を起こした姿勢と寝かせた姿勢について見てきましたが、どちらの方が良いでしょうか?

スキー 骨盤

もちろん起こした方が良いわけです。(笑)

パッと見で一目瞭然なこともありますが、
ここではもう少し技術的な部分で骨盤を起こして滑った方が良い理由を解説していきます!

その理由とはズバリ!

『腰高』のポジションをとるため

骨盤を起こした姿勢は、
スキー用語でいう『腰高』の姿勢になります。

「腰高」という用語については、
間違って理解している人が非常に多い用語です!

もし「腰高」の意味に少しでも自信が無い人はコチラの記事でわかりやすく解説していますので、チェックしておいて下さいね^ ^

あわせて読みたい
スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!プライズ検定挑戦者は必読! 今回もプライズ検定に非常に役立つお話をしていきます! さて、突然ですが 皆さんは「腰高」というスキー用語を聞いたことがありますか? きっとプライズ検定を目指すク...

「腰高」のポジションで滑ることができると、
高い位置から無理な力を使わずに雪面に圧をかけられるので安定した滑りができます。

さらにレベルが上がって、プライズ検定や技術選クラスのスキーの走りを引き出すレベルでも、骨盤を起こしたポジションは必須です!

ここまでの話をまとめると、こんな感じです。

骨盤を起こして滑った方が良い理由

腰高のポジションをとるためであり、雪面に正しく高い位置から圧をかけることで安定感とスキーの走りを引き出すことができるから。

スキーの基本姿勢から腰高の練習法をまとめたマニュアル

骨盤を起こした腰高のポジションについて、
その意味や重要性を解説してきました。

陸地で骨盤を起こした体勢をとるには、その場で真っ直ぐ立てばいいので簡単です(笑)

が、斜面上でしかも滑りながらとなると難しく、自然とできるようになるにはそれなりに練習が必要です。

そこでこんなマニュアルを作成しました!

あわせて読みたい
【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要... 今回お送りするのは、 『腰高ポジション講座』 今回も非常に有益な情報を記事にしたのですが、1冊本の並のボリュームになってしまいました(笑) 半分近く無料で読めま...

このマニュアルは僕のオンラインスキースクールでも販売しています!

  • 滑りに安定感が無くポジションに悩んでいる
  • 正しく滑ってるつもりなのにスキーが走らない
  • なぜかシルエットがダサくて見栄えが悪い

そんな人は是非!
このマニュアルをご覧ください^^

【まとめ】スキーの「骨盤を起こす」という基本姿勢

それでは今回のまとめです!

今回のまとめ
  • 骨盤を起こした状態とは、陸地では単に立っている姿勢と同じ状態のこと。
  • スキーでは腰高ポジションで安定して雪面に圧がかけられるので骨盤を起こした姿勢は大事になる。
  • 陸地では骨盤を起こす姿勢を作ることは簡単だが、スキーでは斜面でかつ滑るので難しく、練習が必要。

ということで、
いかがでしたでしょうか?

今回は骨盤に注目しながら、
「スキーの基本姿勢」について解説しました!

姿勢一つでポジションも大きく変わり、
その結果として安定感やスキーの走りも変わってくるので上級者も疎かにはできませんね。

忘れてた!という方はもちろん、既にできている人も一度この機会にスキーを滑る時の基本姿勢について見直してみてはいかがでしょうか?

それでは今回の内容は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

スキー メルマガ
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • スキー検定のお悩みQ&Aの特典配布
  • 検定突破オンラインコミュニティへの特別招待
  • 検定の最新情報をお届け
期間限定でオンラインスクールで販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を特別に無料プレゼント!

スキー 骨盤

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる