ナオキのオリジナル商品

【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要な腰高ポジションのとり方と練習方法を公開!

ナオキ
ナオキ
こんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

僕には「スキーで生きていく」という夢があります!!

本気で自分のスキー経験を活かして、
稼いでいきたいと思っています!

 

「何としてもプライズ検定に合格したい!」

そんな強い気持ちを持って学生時代から
今までずっとスキーに取り組んできました!

その過程では、
吐きそうなくらい悔しい思いをしたことも、
不甲斐無い結果を出して寝られない夜もありました。

そんな才能が無かった僕が、
ようやく得た栄光が

「プライズ検定合格」

でした!

 

検定合格を目指してスキーをしてきたことで、
これまで何をしても輝かしい結果を残せなかった僕が、

確かな自信を得ることができました!

 

スキーで得た学びと自信は、
社会人となった今でも全て僕の糧になっています!

もちろん、成功の下に無数にあった挫折経験も、
全て僕の宝物です!

詳しくはこちらから!

ナオキの苦悩日記

 

そんな僕が今回お送りするのは、

『腰高ポジション講座』

 

今回も非常に有益な情報を記事にしたのですが、
1冊本の並のボリュームになってしまいました(笑)

 

半分近く無料で読めますし、
無料部分だけでも有料級の情報が詰まっていますので、

是非ご覧ください!

 

さて、突然ですが、
皆さんは「腰高」という
スキー用語を聞いたことがありますか?

プライズ検定を目指すクラスの方であれば
一度は聞いたことがあるかと思います。

 

これは、非常に恐ろしい用語です。

もし勘違いして覚えてしまうと、
もうめちゃくちゃ混乱します!!

そこで今回は、
『この「腰高」というスキー用語の意味』と、
『正しい腰高ポジションのとり方』

について解説していきたいと思います!

 

個人的には、
スキー用語で最も紛らわしいと思っています。

「そもそも、言葉が悪い!!」
「なんでこんな紛らわしい用語が生まれたのか!」

僕は怒っています(◎>□<◎)

 

普段のレッスンでもこの言葉をちゃんと解説せずに、

だるま先生
だるま先生
「腰高のポジションをとれ!」

というだけの
アドバイスが普通にまかり通っています!

(最悪の場合、
指導者がそもそも理解してなかったり勘違いをしていたり...)

 

ナオキ
ナオキ
おかげで僕自身、
めちゃくちゃ悩みました...

指導者がこの言葉を使う場合には、
詳しく意味を説明しなければ「腰高」という用語を初めて聞く人は、

間違いなく勘違いをしてしまいます!

 

教わる側も理解できないと、
後々に大変なことになりますよ!!

 

ということで、
この機会に僕が「これでもか!」ってくらい
きっちり説明しますので、

間違ったことを覚えて取り返しが
つかなくなる前に習得してしまいましょう!

 

~目次~

第1章 『腰高=腰の高さ』じゃない!!?
第2章 腰高とは、どこからどこまでの高さのこと?
第3章 そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?
第4章 ターン前半の腰高ポジションのとり方
第5章 腰高ポジションを身につけるトレーニング
最終章 腰高ポジションのまとめ

 

第1章 『腰高=腰の高さ』じゃない!?

ナオキ
ナオキ
もういきなり意味分かりませんよね~(笑)

ふらの
ふらの
腰高って言ってるのに、腰の高さじゃない!?
いやいや、腰の高さだから腰高じゃん!!

ナオキ
ナオキ
(そりゃそうなるよな...)
だから嫌いなんだよなぁー
この単語...

 

正確には、
ここで否定してる「腰の高さ」というのは、

【雪面からの!!】

腰の高さのことなんです。

ふらの
ふらの
「腰高は雪面からの腰の高さじゃない」

...ん?
つまり、どーゆーこと?

 

では、「腰高」っていうのは、
どこの高さのことを言っているのでしょうか?

その答えは、、

 

次で実際の滑りの画像を使って説明しましょう!

第2章 腰高とは、どこからどこまでの高さのこと?

ここでは、腰高の解説のために、
実際の滑りの画像を使って説明します!

使用するのはこの画像!

 

この画像は腰高の姿勢を説明するために持ってきましたが、
地面と腰の距離は全然ありません!

では、
どこからどこまでの高さのことを言うのか?

お待たせしました!
答えは、コチラ!

 

腰高とは...

ブーツから腰まで』の高さが高い状態のこと。
骨盤を起こし、ダイレクトに遠心力を雪面に伝えられるポジションになる。

 

こんな答えを聞いてもまだ、

「なるほど!!そうだったのか!」

とはならないと思います(-᷅_-᷄๑)

 

では、これならどうでしょう?

 

ナオキ
ナオキ
この二つの矢印の違いは一目瞭然ですね!

 

「ブーツ〜腰」の(赤)
「地面〜腰」の(青)

それぞれの長さ(高さ)を表してみましたが…

 

これらのややこしいところは、

どちらも「腰の高さ」と言えてしまうこと

なんですよね(笑)

 

例えば、
「ベンディング動作で下から見て腰の高さが変わらないように!」
っていう腰の高さは地面〜腰の(青)の方ですよね。

しかし、
「ターン前半には腰を高い位置にセットして~」
っていう腰の高さはブーツ〜腰の(赤)の方になりますね。

 

ここで混乱してしまう人が非常に多いんですよね!

何を隠そう、
僕がそうでしたから!笑

だるま先生
だるま先生
下から見て腰の高さは常に変えずに、
かつターンに入る時は腰を高い位置にセットして…

 

もし、まだ理解できていない人が、
これだけを聞くと...

高さを変えずに高くにセット?
矛盾してないか?笑

ってこれもう、カオスですよねw

きちんと説明しないとこうなると、
まず指導者は考えを改めるべきです!

 

ここまで説明した腰の高さについて
二つの高さの矢印を正しく判別できないと、
僕のように1シーズン中悩みに悩んでようやく理解して挙げ句の果てに、

ナオキ
ナオキ
うわ...
俺、ずっと勘違いしてたんかよ...(唖然)

みたいなことになります…

第3章 そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?

ひとまず皆さん、
「腰高」を理解できたでしょうか?

ふらの
ふらの
いざやろう!と思ったけど、
どこをどうすれば良いの?

僕もかつては、
サッパリ分かりませんでした。

そんな時に僕があらゆる教材で学んだことや
実際に取り組んできた腰高のトレーニング方法を
紹介していきたいと思います!

 

さて、いよいよ本題です!
ここから一気に核心に迫っていきたいと思います!


 

以降の内容は有料になります。

商品ページより決済を完了されますと、
即時にパスワードをお伝えしますので、
入力して続きをお楽しみ下さい!

 

続きは...

第3章 そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?(続き)
第4章 ターン前半の腰高ポジションのとり方
第5章 腰高ポジションを身につけるトレーニング
最終章 腰高ポジションのまとめ


以降はパスワードで保護されています

以降は有料情報になります!

続きを購読するには、
上記リンクのショップにてパスワードを購入して入力して下さい^^


 

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

オリジナル商品

画像をクリックして紹介ページへ☟

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ

真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です