【利用実績100名超】オンラインスクールCLICK!

【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要な腰高ポジションのとり方と練習方法を公開!

【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要な腰高ポジションのとり方と練習方法を公開!

自己紹介
ナオキ スキー

ナオキ
生涯全力スキーヤー

本サイト運営者

★月間10万PVの当スキーサイト運営
★オンラインスクール利用実績100名超

検定合格を目指すスキーヤーをサポート! 検定合格を目指してきた経験や、指導者として多くの学生を指導してきた経験から初心者の基本~上級者の検定ノウハウまで幅広くサイトで情報を配信中!

ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回お送りするのは、

『腰高ポジション講座』

今回も非常に有益な情報を記事にしたのですが、
1冊本の並のボリュームになってしまいました(笑)

半分近く無料で読めますし、
無料部分だけでも有料級の情報が詰まっていますので、

是非ご覧ください!

さて、突然ですが、

皆さんは「腰高」という
スキー用語を聞いたことがありますか?

プライズ検定を目指すクラスの方であれば
一度は聞いたことがあるかと思います。

これは、非常に恐ろしい用語です。

もし勘違いして覚えてしまうと、
もうめちゃくちゃ混乱します!!

そこで今回は、

『この「腰高」というスキー用語の意味』と
『正しい腰高ポジションのとり方』

について解説していきたいと思います!

個人的には、
スキー用語で最も紛らわしいと思っています。

「そもそも、言葉が悪い!!」
「なんでこんな紛らわしい用語が生まれたのか!」

僕は怒っています!!

普段のレッスンでもこの言葉をちゃんと解説せずに、

だるま先生

腰高のポジションをとれ!

というだけの
アドバイスが普通にまかり通っています!

(最悪の場合、指導者がそもそも理解してなかったり勘違いをしていたり…)

ナオキ

そのせいで僕自身、めちゃくちゃ悩みました…

指導者がこの言葉を使う場合には、
詳しく意味を説明しなければ「腰高」という用語を初めて聞く人は、間違いなく勘違いをしてしまいます!

教わる側も理解できないと、
後々に大変なことになります!!

ということで、
この機会に僕が「これでもか!」ってくらい
きっちり説明しますので、

間違ったことを覚えて取り返しが
つかなくなる前に習得してしまいましょう!

第1章 『腰高=腰の高さ』じゃない!?

ナオキ

もういきなり意味分かりませんよね~(笑)

お悩み人

腰高って言ってるのに、腰の高さじゃない!?

いやいや、腰の高さだから腰高じゃん!!

ナオキ

そりゃそうなるよな…

だから嫌いなんだよなぁー
この単語…

正確には、
ここで否定してる「腰の高さ」というのは、

【雪面からの!!】

腰の高さのことなんです。

お悩み人

「腰高は雪面からの腰の高さじゃない」

…んん?
つまり、どーゆーこと?

では、「腰高」っていうのは、
どこの高さのことを言っているのでしょうか?

その答えは、、

次で実際の滑りの画像を使って説明しましょう!

第2章 腰高とは、どこからどこまでの高さのこと?

ここでは、腰高の解説のために、
実際の滑りの画像を使って説明します!

使用するのはこの画像!

この画像は腰高の姿勢を説明するために持ってきましたが、
地面と腰の距離は全然ありません!

では、
どこからどこまでの高さのことを言うのか?

答えは、コチラ!

腰高とは?

『ブーツから腰まで』の高さが高い状態のこと。 骨盤を起こし、ダイレクトに遠心力を雪面に伝えられるポジションになる。

こんな答えを聞いてもまだ、

「なるほど!!そうだったのか!」

とはならないと思います(-᷅_-᷄๑)

では、これならどうでしょう?

スキー 腰高
ナオキ

この二つの矢印の違いなら一目瞭然ですね!

「ブーツ〜腰」の(赤)
「地面〜腰」の↓(青)

それぞれの長さ(高さ)を表してみましたが…

これらのややこしいところは、
どちらも「腰の高さ」と言えてしまうこと
なんですよね(笑)

例えば、
「ベンディング動作で下から見て腰の高さが変わらないように!」っていう腰の高さは地面〜腰の(青)の方ですよね。

しかし、
「ターン前半には腰を高い位置にセットして~」っていう腰の高さはブーツ〜腰の(赤)の方になりますね。

ここで混乱してしまう人が非常に多いのです!

何を隠そう、
僕がそうでしたから!笑

だるま先生

下から見て腰の高さは常に変えずに、かつターンに入る時は腰を高い位置にセットして…

もし、まだ理解できていない人が、
これだけを聞くと…

お悩み人

高さを変えずに高くにセット?
矛盾してないか?

ってこれもう…
カオスですよねw

きちんと説明しないとこうなると、
まず指導者も認識すべき!

ここまで説明した腰の高さについて
二つの高さの矢印を正しく判別できないと、
僕のように1シーズン中悩みに悩んでようやく理解して挙げ句の果てに、

ナオキ

うわ…
俺、ずっと勘違いしてたんかよ…

みたいなことになります…

腰高ポジションとは…

「雪面~腰」の高さのことではなく、
「ブーツ~腰」の高さ(距離)のこと!

第3章 そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?

ひとまず皆さん、
「腰高」を理解できたでしょうか?

お悩み人

じゃ早速やろう!
と思ったけど、結局はどこをどうすれば良いの?

僕もかつては、
サッパリ分かりませんでした。

そんな時に僕があらゆる教材で学んだことや
実際に取り組んできた腰高のトレーニング方法を
紹介していきたいと思います!


さて、いよいよ本題です!
ここから一気に核心に迫っていきたいと思います!


以降の内容は有料になります。

商品ページより決済を完了されますと、
即時にパスワードをお伝えしますので、
入力して続きをお楽しみ下さい!


続きは…

  1. そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?
  2. ターン前半の腰高ポジションのとり方
  3. 腰高ポジションを身につけるトレーニング
  4. 腰高ポジションのまとめ
購入したパスワードを入力する

ナオキのオンラインスキースクール
  • オンラインレッスンで課題発見
  • 大好評のオンラインマニュアル
  • 個別の検定サポートも充実
  • 弱点種目を集中して克服!
100名以上の利用実績!
検定合格者を次々に輩出しています!

【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要な腰高ポジションのとり方と練習方法を公開!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!