テクニカル

【スキーのベンディングターン】急斜面でも圧を抜かずに安定してターンするテクニック【動画あり】

 

ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回は...なんと!

動画解説付きです!!

 

余暇を過ごしていた戸隠で、
時間があったのでレッスンでの説明を録画してみました!

チャンネル登録もお願いします!!

 

 

 

ベンディングという用語を聞いたことがあるでしょうか?

切り替えで圧が抜けないように脚を曲げ、
重心を低くして切り替えるテクニックです。

今回は、

なぜベンディングが重要で、
どうやって習得すれば良いのか?

という解説をしていきたいと思います!

それでは早速内容に入っていきましょう!

なぜベンディングターンの習得が重要なのか?

では、ベンディングを習得する意味についてお話しします!

タイトルにもしている通り、
ベンディングを習得することで、

急斜面でも圧を抜かずに安定して滑ることができます!

 

ちなみに、

実際に急斜面を滑るときには、
常にベンディングを使うというわけではないです。

ただ、急斜面で圧を抜かない技術は、どんな状況でも応用を効かせることができるので、ベンディングは必ず習得しておくべきテクニックであるということを断言しておきます!

ベンディングターンをする方法

それでは、いよいよベンディングターンの方法を解説していきます!

まずはベンディングは、
「常に雪面からの腰の高さを変えないように」ということが前提になります。

股関節を柔らかく使い、
脚部を曲げていきながら切り替えることがポイントです。

ターンへ入っていく時の脚部の運動は、
自然と遠心力に任せましょう!

どういうことかと言うと...

自分から角を立てたり
外脚を伸ばそうとしないこと!

 

これは非常に重要で、
自分から無理に板に働きかけると、

スピードや斜度に合わないエッジングになってしまい、ミスが起きるリスクが高くなります。食らってしまったり減速してしまう原因になります。

つまるところ、

自分から足を外に出さなくても、
スピードが上がると勝手に脚は外に出ていき、荷重も強まっていく!

トップ選手が脚を長く伸ばしたシルエットを見せていますが、厳密には自ら伸ばしているのではなく、斜度とスピードに合わせているだけだと僕は考えています!

ベンディングターンの「曲げ切り替え」の方法

ベンディングターンでは、
脚を曲げて切り替えます。

そこで脚部を曲げ始めるタイミングですが、

僕はいつも、
『圧が強まってきたタイミング』
と説明しています。

 

これはどういうことかと言うと、
荷重を続けていくと、ターンの後半にいくにつれて返ってくる圧がどんどん強くなっていきます。

「これは耐えきれない!」

というところまで圧をかけ続けることで、
最後には圧に負けて脚部が曲げられてきます。

こうして曲げられて切り替えることがベストです!

 

自分から曲げにいってしまうと、
圧が抜けてしまうので、ベンディングターンの目的からは外れてしまいますので、ここも注意しましょう!

『切り替え』については、
こちらの前回の記事も参考して下さいね!

【解説動画あり】スキーの切り替えで意識することは○○だけ!?圧を抜かないための方法

内足に乗る!?ベンディングターンの谷回り

ではこれから、
ベンディングターンの入り方について具体的な部分の解説をしていきます!

 

まずはターンの始め方ですが、
谷回りでは内足の上に重心を置きます!

いきなり言われると驚きますよね(笑)

これまで外足に乗ってターンをするのに、いきなり内足!?

この感覚は、ベンディングが出来る人は僕が何を言いたいのか、すぐわかると思いますが、ベンディングをあまり聞かない人はイマイチ意味が分からないと思います。

なので、少し説明をしていきます!

 

まず誤解の無いように言っておきますが、
基本の外足荷重は絶対です!

ベンディングでは重心を内足の上にセットし、外足で雪面をとらえていくこと

これが谷回りのポイントになります。

荷重すること重心を置くことは別ですので、 ここは注意が必要です。

【重要確認事項】谷回りでの腰の向き

ベンディングに限ったことではないですが、 谷回りでの腰の向きはかなり重要な確認事項です!

他の記事を見て下さっている方は
何度も聞き覚えがあると思いますが、

ここでお話しすることは『腰の外向』です!

 

ベンディングターンでは、
腰の外向ができていないと、自然と外脚を伸ばした荷重ができないので、必ず腰の向きを意識してターンを始めて下さい!

谷回りについては、
こちらの記事で詳しく解説しています!

【基礎スキーの谷回り講座】雪面をとらえるってどんな感覚??ターン前半の動きを解説

また、こちらは一部有料記事ですが、
着眼点を指一本にまで細かく動作を説明しています!

【スキーの真髄、谷回りの真実に迫る!!】プライズ検定受験者向きにターン前半の雪面の捉え方を極秘公開!

レベルの高い谷回りを習得したい方は
まずこの記事を読んでもらえばOKです!

この記事は有料の特典として、
無料で滑りのビデオアドバイス付きです!

ベンディングターン まとめ

それでは、今回のまとめです!

ベンディングターン まとめ!

  • ベンディングターンは急斜面でも圧を抜かずに安定して滑る技術
  • 常に雪面からの頭の高さを変えないように
  • 荷重を続けて脚部が曲げられてから切り替え
  • 内足の上に重心を置き、外足へ荷重
  • 腰の外向はマスト

ということで、

今回はベンディングターンについて解説してきました!

僕は実践の滑りの中で、 圧が抜けないように切り替える部分で、ベンディングターンのテクニックを応用しています!

雑誌やDVDでよく聞く「伸ばし荷重」についても、今回に解説したベンディングでターンの入り方を参考にしていただくと非常に感覚をつかみやすいと思います!

 

それでは、今回は以上です!

ナオキ
ナオキ
また次回にお会いしましょう!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者特典~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。