【利用実績100名超】オンラインスクールCLICK!

【スキーの内傾角とは?】深い内傾角のターンをするために必要なこと

スキー内傾角
URLをコピーする
URLをコピーしました!

自己紹介
ナオキ スキー

ナオキ
生涯全力スキーヤー

本サイト運営者

★月間10万PVのスキーサイト運営
★オンラインスクールの利用実績90名超

検定合格を目指すスキーヤーをサポート! 検定合格を目指してきた経験や、指導者として多くの学生を指導してきた経験から初心者の基本~上級者の検定ノウハウまで幅広くサイトで情報を配信中!

内傾角を作るのは無理!?


ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

皆さんは内傾角って意識しますか?
深い内傾角を作ってかっこよくターンを魅せるスキーヤーには誰もが憧れますよね!

佐藤栄一選手の内傾角

僕もプライズ検定を目指していた頃はそんなターンに憧れて、必死で体を倒し、腰を落とし、内傾角を作ろうとしていました。

…ですが、そんなことをしていても全く意味がありませんでした!

というか内傾角を作ろうとしていたことがそもそもも大間違いでした!

  • なぜ内傾角を作ろうとしてはいけないのか?
  • ではどうしたら内傾角のあるターンができるのか?

今回は、そんなお話をしていきたいと思います!

目次

スキーの内傾角とは?

スキーの内傾角とは

ではまず最初に「内傾角」の正体についてから解説を始めていきます!

皆さんはそもそも内傾角とは?
と聞かれるとどう説明しますか?

これを正しく説明できる人は指導者でもなかなかいないのではないでしょうか。

答えはこちら!

内傾角とは?

ターン中に発生する遠心力に耐えられるように、自然と現れる傾きのことを「内傾」といい、内傾角とはその角度のこと。

つまり内傾角とは”動作”のことではなく”現象”のこと。

さて、これを見てどう思いましたか?

僕が冒頭で「内傾角を作ることなんてできない」と言っていたのが、この説明でピンときた方も多いのではないでしょうか?笑

内傾角とは自然にできるものであり、
自分から作ろうとすることはそもそもが間違いだったんです!

お悩み人

遠心力に耐えるための傾き?

と、まだいまいちイメージができていない人のためにコチラの画像を用意しました!

内傾角の例 モーターバイク

モーターバイクは外から強い遠心力がかかってきます。

その遠心力を受けることで、
画像のような傾きができています。

スキーもこれと同じ原理です。

ナオキ

皆さんも自転車に乗って曲がるときに同じ感覚があるはずですよ!

ただスキーの場合、こうして遠心力に合わせて傾いているだけでは内倒してしまうので、しっかり外足に荷重しながら傾かないといけません。

だから「外傾」が大事なんですね!

あわせて読みたい
スキーの最重要技術『外傾』を図解!ターン中の外傾なくして、検定合格はあり得ない!? 今回は、僕が個人的にスキーの技術で最も重要だと思っている、 『外傾』 についてお話ししたいと思います! ▼音声で聞き流す方はコチラ!(バックグラウンド再生も可能...

スキーで深い内傾角のターンをする方法

スキーで深い内傾角のターンをする方法

内傾はただ傾くだけではダメ。
でしたね!

では、実践で深い内傾角の出るターンをするためには何が必要なのか?

ここでは3つのポイントに整理しました!

上半身からスキーに圧をかける意識を持つ

深い内傾角を作るためには、
上半身からスキーまでが一つの軸となるように意識しましょう。

上半身から軸を作れていないと、
内傾角も出ずにいびつなシルエットになります。

上半身からスキーに圧をかかっていない状態

上半身だけが突っ張ってるみたいですね笑

このように上半身からではなく腰から下や足元だけで荷重をしていると、内傾角は出ず強い遠心力にも耐えられない体勢になります。

そうなると、ハイスピードになればなるほど不安定になりプライズ検定以上になると不合格でしょう…

早くにくの字姿勢が出過ぎていると注意される人は、ここで上半身の使い方を見直してみましょう!

遠心力に身を任せる

スキー検定 前走 理想

遠心力の力を受けて傾きができるというのが内傾でしたので、遠心力に耐え過ぎないということも一つのポイントになってきますね。

“ある程度だけ”スピードに任せるという部分がミソです。

外傾で雪面をグリップさえできていれば、遠心力で傾いても内倒することはありません。

ターン後半にかけて徐々に遠心力に逆らう動きはするのですが、ターン前半で遠心力がかかった時に無理に傾くのを我慢しようとすると…

やはりこうなります(笑)

上半身からスキーに圧をかかっていない状態
ナオキ

人って力が入りすぎると上半身が突っ張ってるようになるんですね(笑)

内脚を正しく畳む

最後は内足の使い方についてです!

スピードが上がるにつれて遠心力も強く、自然と傾きも大きくなります。

その傾きができるのを妨げないように、内足を畳んでやる必要があるのです。

内足の畳み方をめっちゃ説明すると、

持ち上げて引く

というただこれだけです。

ナオキ

自転車のペダルを逆に漕ぐ動きと非常に良く似ています!

ただ曲げたら良いというわけではなく、
内足を畳む際には前後差を無くす意識が大切です。

前後差を無くした状態というのは言い換えると、横から見て外足と内足の高低差が無い状態のことです。

外足と内足の高低差が無い状態

正しく内足を畳まないと、これもまた内傾を妨げることになってしまうので気を付けましょう!

深い内傾角を魅せるために一番やってはいけないこと

内傾角についての悩みを聞いていると、ほとんどの人が大きな勘違いをされています。

というのは、

お悩み人

深い内傾角ってどうやって作ったら良いんですか?

というものなんですが、
内傾は正しい動きをした結果として自然と出るものなので、そもそもが間違いでしたよね!

デモのようにめちゃくちゃ傾いて滑れる人も、自分から倒れにいってるわけではなく、自然と内傾角が出る動きができているだけの話です。

まとめると、深い内傾角を魅せるために最もやってはいけないことは…

自ら内傾角を作ろうとすること!

自分から内傾角を作ろうとすればするほど、斜度やスピードに合わない動きで無理に身体を傾けてしまいます。

スピードに身を任せず無理やり動くと、大体はこんな歪なシルエットになります(笑)

自分から内傾角を作ったミス

しまいには内倒したり外足を飛ばしたりという大きなミスにつながってしまうのです。

結論、無理に内傾角を作ろうとすると滑りが悪化していくことがほとんどなのです!

ナオキ

だからある程度はスピードに身を任せることが大事なんですねー!

【まとめ】スキーの内傾角とは?深い内傾角を出すために

それでは今回のまとめです!

今回のまとめ
  • 内傾とは遠心力に耐えるための自然と出る傾きのこと。
  • 深い内傾角を出すには、遠心力に従いながら上半身と内足を正しく意識して動かすこと!
  • スキーでは内傾角は正しい動作の結果として現れる現象のことであり自分から作ろうとしてもダメ!

ということで、
いかがでしたでしょうか?

今回はスキーで上級者が特によく悩む内傾角についてを解説してきました!

スピードが上がったときには、いかに外力つまり遠心力を活かして更なる加速につながられるかが合否の分かれ目になります!

是非参考にしてみてくださいね!

最後に、今回の解説で出てきた上半身の使い方については、反響のあったこちらの記事も掲載しておきますので、こちらも参考までに是非ご覧ください!

あわせて読みたい
スキーの谷回りでシルエットを一気にカッコよくする秘密の方法を大公開!○○からの荷重で一気にテクニカ... 自分の滑りを見て 「うわ、ダッサ...」 と思ったこと、ありませんか? 今回は僕の後輩のビデオを見ながら、 プライズ検定を目指す皆さんにも、参考になるアドバイスをし...

ということで、
今回は以上になります!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ナオキのオンラインスキースクール
  • オンラインレッスンで課題発見
  • 大好評のオンラインマニュアル
  • 個別の検定サポートも充実
  • 弱点種目を集中して克服!
100名以上の利用実績!
検定合格者を次々に輩出しています!

スキー内傾角

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメント一覧 (4件)

  • はじめまして。
    内脚のたたみ方として、上げて引くとありますが、引いてしまうのとローテーション気味になりませんか?それで十分なたわみをえられず、山側の腕でリードするようなすべりかたになるのでは?違ってたらごめんなさい。

    • 初めまして!
      ローテーション気味になってしまうのは、内足を引く動きに合わせて腰が回ってしまっているイメージをされたのではないでしょうか?

      あくまで腰を外向させ続けるのは必須になります!
      こちらで解説している内容になります!
      https://naokiski2109.com/ski-trouble-consultation-3/

        • いえいえ!
          なるべく誤解のないように解説は心がけていますが、全部を伝えるのはやっぱり難しいですね(笑)

コメントする

目次
閉じる