テクニカル編

スキー検定のテクニカルと1級までの本当のレベルの違い!

ナオキ
ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤー、ナオキです!


僕は今、メルマガで『プライズ検定の壁突破講座』というものを配信していますが、

↓ コレ!

 

皆さんは、テクニカルと1級までの違い、
明確に分かりますか?

 

テクニカルは、合格率が全国平均で10%前後という非常に狭き門です。もちろん全てのレベルが段違いで、細かく見れば違いは無数にあります。

なので、詳しい内容とレベルアップの方法については、メルマガで配信していますが、

 

今回この記事を見てくださった皆さんへは、

 

僕が一級からテクニカルにレベルアップするために研究してきた、

「まずはここを理解しておくべき!」

という2大ポイントご紹介したいと思います!

 

そのポイントとは、コチラ!

①ターンスピード
②コンディションへの適応

 

では、
これからそれぞれ分かりやすく解説していきます!

 

ターンスピード

まずは一番大きな違いは、
ターンスピードです!

いきなりですが、スキーのターンで減速要素となるものは何でしょうか?

 

答えは、『ズレ』です!

 

板をずらしながらターンをするということは、いわばブレーキをかけながらターンをしている状態なんです。

これだけ見ると、ドリフトしてるみたいですね(笑)

でもよく考えてみてください!
F1の車がカーブでドリフトしてる時って減速してませんか?

スキーでの「板をズラす」というのは、これと全く同じ原理で、進みたい→の方向と板の向きが違うことによって生じる摩擦がスピードを殺してしまっているのです!

ナオキ
ナオキ

そう、ズレとはドリフトなんだ!

1級までの級別バッジテストでは、
この『ズレ』を上手く使い、丁寧にコントロールした滑りが求められてきました。

しかし、プライズ検定になると一転、どんどんスピードアップしていくような積極的で攻撃的な滑りが求められてきます。

 

実践的な言い方をすると、
テクニカル以上に求められる滑りとは、

ズレが少なく、スピードのある滑り

ですね!

 

ズレの少ない滑りとは、どのような滑りのことを言うのか?

それがコレです!

こんなシュプールが残るようなターンのことを、
「カービングターン」といいます。

 

カービングターンは、さっきのズラしたターンとは反対に、

自分の進みたい方向→と、
板の向きを合わせなければいけません。

つまり、進行方向と板の向きが合わせられるとスピードに乗ったターンができるわけですね!

まずはターンスピードを引き出すために、正しいカービングターンを身に付けることから、テクニカルへのステップアップは始まると考えましょう!

 

 

そして、そこから更にターンスピードを上げるための

もう一つの鍵が『重心移動』です!

 

板が走るターンをしている人は、
必ず板の上で大きく動いているのです。

重心移動を制する者は、
ターンスピードを制す!

 

言い方を変えると、
荷重点を移動させているのです。

 

理想をいうと、
ターンはトップから入ってテールで終わるのがベストです。

 

足裏のポジションでいうと、

  • ターンの入りはつま先寄り
  • ターンの終わりはかかと寄り

というイメージです。

 

多少の個人差はもちろんありますが、

まずはザックリとつま先寄りから、かかと寄りへとターン中に荷重箇所を後ろへ動かしていくイメージを念頭に置いておきましょう!

 

荷重を続けながら板を前から後ろへ抜き、たわみの解放で板が走ります。

この前から後ろへの動きが、
ターンスピードを上げるために重要な重心移動になります。

 

重心移動というのは体の動きであり、
この体の動きが止まると板の動きも止まり、走らないターンとなります。

 

まとめると、

前から後ろへ重心移動することで、たわみを解放してターンスピードが上がる。
逆に重心移動が無ければ、ターンスピードが上がらない。

 

板にブースターでも付いてない限り、
加速してくれないんですね。

「おれの板はブースターがついてるから、
立ってるだけで加速するんや」

そんな冗談を真顔で話してきた、

知り合いの元ナショナルデモが1人いましたが…(笑)

 

とにかく、
1級では安定したポジションで、つまり等速で良かったところが、プライズではそうはいかなくなった。

ここが1番の違いだと思います!

コンディションへの適応

プライズ検定は、ターンの質を厳しく見られるのはもちろん、

その日のバーンコンディションに合った
滑りができているか?

それは1級よりも遥かに厳しく見られています。

 

にも関わらず残念なことに、

ずっと同じエッジング、同じポジションで
滑るスキーヤーが非常に多いのです。

 

雪質は毎日変化し、
ゲレンデによっても全く変わってきます。

 

例えば…

アイスバーンで強くエッジを立てたり、
いつもより雪が積もっているのに前傾が強かったり、

そんなバーンコンディションに合わない滑りをしてしまうと、やはり厳しい評価を下されてしまいます…

 

なので、「こんなときはこうするのが正解!」

というのがあるわけではないですが…

 

せっかくなので、僕からこれだけは揺るがない!
という2つの鉄則をご紹介します!

・急な動きはしない!
・自分から強くエッジを立てようとしない!

 

この2つを日頃から意識し、

あらゆる状況下にも果敢にチャレンジすることで、感覚は磨かれていきます!

 

 

量より質でも、質より量でもなく、
「質も量も」です!

 

そしてケガには気を付け、
どんな状況でもスキーが楽しめるように上手くなりましょう!

ナオキ
ナオキ

ではまた次回にお会いしましょう!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

生涯全力スキーヤー ナオキ

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

オリジナル商品

画像をクリックして紹介ページへ☟

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ

真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です