【利用実績50名以上】オンラインスクールCLICK!

『スランプ脱出法!』スキーで伸び悩んだ時にすべき2つのこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回は

スキーで伸び悩んだ時にやるべきこと

というテーマです!

誰しも何かを本気でやればやるほど、
伸び悩む瞬間って必ずあると思います!

その挫折は、どんなにすごい実績がある人でも必ず経験してきたことと思います。

この記事を読んでいる皆さんも、スキーの検定や大会のために頑張ってるけど伸び悩んでいるところかもしれませんね

そんなスキーヤーさんには、
今回紹介する
2つのことを試してみていただきたいなと思います!

目次

スキーで伸び悩んだ時にするべきこと

結論から言ってしまうと、
やってみて欲しいことは次の2つです!

  1. スキーの基本に立ち返る
  2. 形から入ってみる

この2つになります。

とは言っても、
これだけではなかなかピンと来ないかと思います。(特に
2つ目w

なので、それぞれについてもう少しきちんと説明していきます!

①スキーの基本に立ち返って考える

まずはあまりに多くの人が言い過ぎてもはや面白味の無い意見です()

が、基本は大切なことに変わりありません!

ではここで一つ問題なのですが…

スキーの基本とは何でしょうか?

よく言うターンの三要素
「荷重」「角付け」「回旋」でしょうか?

それももちろん大事なんですが…
僕の経験上、普段からここを意識して滑られている方って意外と少ないのかな?と思います。

いちいち分かりにくいねんw

なので僕はスキーの基本を次の2つとしています!

  1. 外足荷重
  2. ポジション

2級検定の解説では、
ここの重要性をかなり強調して解説してきました。

あわせて読みたい
【攻略!】スキー検定2級を徹底解説!種目別ポイントや難易度・合格率も! 今シーズンこそ2級合格! スキー検定2級 これから基礎スキーを頑張ろうという学生さんは、まず初めにこのバッジテスト2級を目標とされる方が多いのではないでしょうか?...

これさえ見直せば間違いなくスランプは脱出できます!

なんてことはもちろん無いですよね()

けど、やっぱりスランプで伸び悩んでしまう時って根本的なところに穴が空いてしまってることが多いのも事実です。

なので、急斜面をガンガン降りれる上級者でも伸び悩んだ時にはスキーの基本を見直すために、

  • ポジションが悪いままターンしてないか?
  • 外足に正しく重さはかかっているか?

という二つを滑りながら意識して再確認しましょう!

ちなみにこれは僕の個人的なお話ですが、

これまで何か滑りの調子が悪いなと思った時に見直してみると、大体基本のどちらかが悪いことがほとんどでした(笑)

②上手い人の真似をして形から入ってみる

スキー 山回り 支点

『まず形から入れ』
これは他の人は絶対に言わないことだと思います!

なぜならほぼ間違いなく
「それは絶対にやってはいけない」
「それは間違ってる」
と言われるからですね。

普通に考えたらそうなんですが、
スランプを脱出するためには意外とこうした普通はダメなこともやってみると上手くいったりします。

一般的には上手い人のシルエットや部分的な真似をしても技術が伴っていないとなりますが、

形から入ることで改善されるクセもあります!

というのも、身体の運動は繋がっているので、良い動きができると他の部分も良くなっていくということが非常によくあります!

これは僕がプライズ検定を目指していたけど、全く上手くならなくて伸び悩んでいた時に試したことなんですが、

当時技術選で柏木義之さんの小回りを見て感動したアホな僕はストックワークだけでも完コピしようと鏡を見ながら全く同じになるように何度も細かくチェックしました。

その時は技術も全然詳しくなかったので、

ただカッコ良かったから真似してただけでしたが、ポジションが良くなって安定感がかなり増したことがありました!

その時のエピソードはこちらで詳しくお話ししています!

あわせて読みたい
【苦悩日記:第5話】プライズ突破のために原点回帰のストックワーク! テクニカルプライズ、それはこれまでの人生で最難関の壁でした。前回の初受験で衝撃の結果の敗戦。 それを受けてどう思い、そこから再スタートを切るために何を考えて練習してきたのか。その過程の全てをここに記します。5回に渡る苦悩日記、堂々の完結です!

本当に成長するのは滑り続けた者だけ!

ここまで偉そうに語ってきたくせに、
僕自身もなかり長いこと伸び悩んだ時期がありました。

最悪なことに一つの悪い癖に悩まされて1シーズンを棒に振ったこともありました…

ですが間違いなく言えることは、

そこで辞めなかったおかげで成長できたし、スキーを心から楽しむことができています!

もちろんどれだけ頑張っても成長を実感できないことは、生半可なしんどさではありません。

ですが、辞めなければ這い上がるチャンスはいくらでもありますし辞めてしまえばそこで終了です。

スキー スランプ

なので、スキーをしていて伸び悩んだ時には今回の内容を思い出していただけると嬉しいです!

  1. スキーの基本に立ち返って考える
  2. 上手い人の真似をして形から入ってみる

ということで、
まだまだ頑張っていきましょう^ ^

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

スキー メルマガ
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • スキー検定のお悩みQ&Aの特典配布
  • 検定突破オンラインコミュニティへの特別招待
  • 検定の最新情報をお届け
期間限定でオンラインスクールで販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を特別に無料プレゼント!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる