苦悩日記 ~生涯全力スキーヤーの奮闘~

苦悩日記⑤ 原点回帰のストックワーク!

おれの滑りは…

なんでこんなにダサいんだよ!!


ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

おかげさまで、
苦悩日記も5話目を迎えました!

これまで読んで下さっている方、
本当にありがとうございます!

前回は、ついにテクニカルに初挑戦したのですが、

結果は衝撃の内容でした…
詳細はコチラの前回の記事で!

前回までのあらすじ

ようやくスキー検定1級に合格。

しかし、
向上心の違いと協調性の無さから同期のチームメイトとついには衝突し、ついには孤立。

そんな孤独に練習を続ける中で、テクニカルプライズという次の段階の検定合格を目指すことを決意。

しかしテクニカルはこれまでの検定とは一線を画す程の高いレベルだった。

そうとは知らず、誰にも頼れず孤独に練習を重ねてそこそこ上達した僕は、それなりに自信も付いてきたのだった。

2シーズン目の終わりを迎えた時、赤倉で検定が行われることを知り、最後に現在地を知っておこうと受験を決意。

しかし、結果は衝撃の内容だった。

これまでの検定では、
見たことのない大差で不合格を突き付けられたのだった…

収まらない自分のロングターンへの怒り

初受験では、結果は大回りと総合滑降というロング系の種目で、それぞれ2点ずつ減点を受けたのでした。

2点の減点とは、

合格者からすると、
論外!出直して来い。と思われる程の結果です。

当然僕は、大回りが大っキライになりました。
大回りが得意という人が嫌いになるくらいに(笑)

そんな最悪な気分のまま最後の挑戦は終え、学生2度目のシーズンは終了しました。

雪山の居候から下界へ帰ってすぐの頃は、ずっと大回りへの嫌悪感を思い出し、気分が優れませんでした。

そして、それは次第に、

「なんでロングができないんだよ!」
「なんでこんなにダサいんだよ!」

という

『自分への怒り』

へと変わっていったのでした。

「ダメだ!!克服しよう!」

そう思ってビデオ研究をすればするほど、
逆にどんどん怒りが増幅していく一方でした。

当時は、とにかく自分の大回りが
嫌いで嫌いでしょうがなかったのです。

地獄のオフシーズン

前年度のオフシーズンとは違い、いくらビデオ研究をしても自己嫌悪が増すだけでした。

そんな心持ちだったせいか、何とかヒントを掴もうと思いその年の技術選の大回りを見ても何も新しい発見もできず、上達の糸口も全く見つけられませんでした。

このままでは、また来シーズンにもテクニカルが取れないままシーズンが終わる…

焦る気持ちに急かされては研究、焦っては研究の繰り返しの日々でした。

一見散々な日々ですが、それでも研究が辞められなかったのは、やはりスキーへの向上心が残っていて、何より嫌いになれなかったからなのでしょうか…

ついに見つけた、突破口…?

さすがにその怒りも長くは続かず、ぼんやりと通学中にYouTubeで動画を眺めたりしていました。

そんな日々が続いていたその時、
僕は当時はあまり意識することのなかった、ある事を思い出したのでした。

 

「そういや俺、小回り75(合格)出てたな….」

ほんと今さらです(笑)

そう、1級とは段違いの合格基準とはいえ、小回りは合格だったのです。

なんでテンポが違うだけで、同じターンでもこんなにも結果が違うのだろうか?

その違いが分かったら、大回りも変わるのか…?


ふと学校からの帰り道を歩きながら思ったのでした。

原点回帰

まずは小回りのどこが評価されて合格点が出たのかを考えてみることにしました。

が、さっぱり分かりません(笑)

言えそうなことは、大回りより見た目がマシなことくらい。

では、視点を変えて…

どうやって小回りが上達できたのか?

この切り口で考えてみることにしました。

僕が「上手い小回りができるようになりたい!」
と考えるようになったのは、

苦悩日記②↓でも書きましたが、

苦悩日記② スキー検定1級検定への挑戦! そして、その先へ…

第51回スキー全日本技術選手権 柏木義之デモが287点を叩き出し、後に伝説となった小回りを見て衝撃を受けたからでした。

ここから、ひとつずつ原点回帰していきました。

(回想)

まずは何度もこのビデオを見て、どうすればこんなカッコよく小回りができるか考えました。

細かな技術はサッパリだったので、

「まずは形から入ってみよう!」

と、いうことで、

スタートの仕方から、微細は動きまで完コピできるくらい動きを真似してみました。

とはいえ、

足元の技術は見えてこない部分も多く、まだ知識も全然なかったので、すぐに真似できることと言えば腕の構えだけでした。

柏木義之のストックワークを完コピだ!

ということで、
鏡の前でキモいくらい何度もやりました(笑)

結果的に、この改善されたストックワークが補助動作となり、ポジションや重心移動もドンドン改善されたのでした。

めでたいめでたし。

(回想終わり)

 

….そうだ!

ストックワークから始めたんだ!

鍵はストックワーク!!

「大回りもストックワークを中心に組み立てていけばいいんだ!」

そう考えるようになってからは、
腕の動きを注意して自分の検定のビデオを見直してみると、基本の構えすらキープ出来ていなかったのです。

(よくこれで1級合格したなと思うくらいにw)

 

とりあえず、一度小回りでは当然のように作っていた基本の構えを崩さないように滑るようにしました。

何度もビデオを撮って見ていると、まずは見た目が変わったのですが、変に動かさないことで無駄の少ない動きへと変わってきたのです。

動かさないくらいの意識でようやく「普通」になるのか。

レッスン中によく言われた、

「指摘されたことは大げさにやれ!」
「でないと、対して違いは生まれない!」

その意味をようやく実感した気がしました。

 

そして徐々に柏木デモの脚部の動きも真似してみました。

トップ選手はみんな、脚がギュンと伸びてターンに入っていました。

『コレも真似しよう!』

ということで、
やってみたのですが、

これまた上手くできない…

当時は全く分かってませんでしたが、

正確な重心移動

が、意識から抜け落ちていました。

これもいつの記事か忘れてしまいましたが、スキージャーナル誌を読んでいて思い出しました。

こうした試行錯誤の末、
僕の大回りは生まれ変わりました。

その鍵は、

①ストックワーク
②重心移動
③ポジション移動

この3つでした。

脚部の伸びたシルエットも、
「自分から伸ばしていこう!」
という意識を無くして練習していると、

逆にドンドン出るようになってきたのです。

ポジションも、やはりストックワークを改善したせいか、ドンドン良くなりました。

そして今まではセンターポジションをキープして外力に耐えていたのですが、

ポジションをターンの中で細かく調整することができるようになり、ターンが一つの流れになる実感ができました。

ストックワーク、重心移動、ポジション移動

この3つが全て噛み合った瞬間に、
劇的な進化を遂げたのでした!

3シーズン目には、

「大回りはいいんだけど、小回りがなぁ~(ちょっと微妙だな)」

と、言われるほどに得意種目が逆転してしまったのです!

これには僕自身が1番驚きました。

最後に

そしてこの後、僕のスキー人生で最大の転機が訪れるのです!

その出来事はこれまでの苦悩や、僕の人生観までも全部ひっくり返ることになります。

そういう意味では、
「人生が変わった出来事」
と言っても過言ではないかもしれません。

苦悩日記は今回で最終回になります。

これまで、僕の苦悩日記では、
どんな挫折を味わい、そこから何を学んだか
ということを書いてきました。

これからも引き続き、
心から本気でスキーを楽しむスキーヤーとして発信活動もスキーも全力で取り組んでいきます!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
生涯全力スキーヤー ナオキ
【利用者50名以上のオンラインスキースクールを運営中!】 ブログ・SNS・YouTubeで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです! 自身の検定を目指してきた苦悩の経験/指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験/さらに誰よりも何よりも分かりやすさを追求して2年間ブログを書き続けた経験から、《目標を持って頑張るスキーヤーを応援したい!そして、自身も生涯本気でスキーを楽むスキーヤーでありたい!》そんな理念を持ってスキーを全力で楽しむ皆さんへ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を発信中!
▼大好評の2大コンテンツ▼
コチラの記事もオススメ!

POSTED COMMENT

  1. NAOKI より:

    noskiingnolifeさん、はじめまして!

    当ブログにお立ち寄りいただき、
    ありがとうございます!
    お一人でも同じ目標を目指す方がいらっしゃる事は非常に心強いです!

    お互い頑張りましょう!
    今後ともよろしくお願いいたします!

  2. お邪魔します。
    noskiingnolifeと申します。

    ブログを読ませていただいて、スキーに対する熱意を感じました。
    同じく八方のクラウンを目指すものとして、応援させていただきます。
    もしよろしければ、当方のブログにもお立ち寄りください。
    これからも熱い記事を期待しております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

オンラインスキースクールへ!
オンラインスキースクールへ!