MENU
ココナラ ビデオアドバイス

【小回りアドバイス】上達の鍵はトップの使い方とエッジングにあり!

ナオキ
ナオキ

こんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

前回より3回にわたって、
お客様のアドバイスをさせていただいております!


  1. 大回り
  2. 小回り
  3. 不整地小回り

この順でいきますので、
第二回目の今回は、小回りのアドバイスになります!

当ビデオアドバイスはコチラ▼から受け付けておりますので、

興味がある方はご連絡下さい!^^]

前回の大回りの記事はコチラ▼

【大回りアドバイス】切り替えの重心移動方向と足首の緊張を保つ方法今回は「大回りの切り替え」について、詳しく解説していきたいと思います!滑りのビデオを拝見すると、ある程度は板の進む方向と重心移動の向きは合っているのですが、これではどうしてもターンへ入るときに重心と板が離れすぎる時間ができてしまい、軽く見えてしまいます。今回は切り替え~ターンの入りについての解説をしていきます!...

小回りのビデオを拝見した感想としては、

スキー板はしっかり動かせているし、
スピードもある滑りです。

しかし、
実はこの滑り…

『ブレーキをかけながら滑っているのです!』

スピードもあると言いながら、
ブレーキをかけている?

何が言いたいのかというと…

今のままでは、
スピードを殺すターンになってしまっているのです!

つまり、今回の記事を見ていただくと、

もっと板は走るし、
もっと安定感も増していく滑りになります!

せっかくなので、

二本のビデオそれぞれに簡潔に
アドバイスをしていきますので、

よりハイレベルな小回りを身につけて下さいね!

それでは、
実際にビデオを見てみましょう!


トップの動きがある小回りを!

まずは1本目の小回りです!

まず気になった点ですが、
ターン後半に圧が集中している点です。

その圧に耐えられる筋力を持ち、
上体が置いていかれないだけの重心移動はできているのですが、

より急斜面でハイスピードになると
雪面からの反発が強くなり、ミスが起きやすくなるリスクの高い滑りになってしまっています。

それではここは、
スキーのトップの動き
に注目してみましょう!

下から見ると、
スキーのトップがあまり動いていないことが分かると思います。

逆に、テールはトップに対して比較的大きく横に動いています。

いわゆる、
「ワイパーターン」をしています!

ワイパーターンは減速要素の強いターンで、
テールを横に振り出して方向転換をします。

僕はこれを「ブレーキングターン」とも呼んでいます。

急な方向転換になるので、
やはりターン後半に圧が非常に強くなり、
結果的に落下に強いブレーキがかかってしまいます。

改善策としては、


ターン1つ1つにメリハリを作り、
しっかりと
1ターンを完結させることです!


ワイパーターンをしている人に
非常によく見られることがあります。

それは、

ターンが終わる前に次のターンへ入ってしまっている」

ということです。

これはおそらく、



早いリズムでターンを続けていかなければ!
という焦りからではないでしょうか。

ここで大事なことは、
ターンにメリハリを付けることです!
そして、トップも大きく動く小回りを目指しましょう!

…実は、
これだけではまだ足りないのですが、

続きは2本目のビデオの解説でお話ししましょう!


スキーの角ではなく、面全体を利用したエッジングを!

それでは2本目の小回りを見てみましょう!

1本目の解説を読んだ後、
見てもらうとお気付きかもしれませんが、

ターンのメリハリもあり、
1本目よりも非常に良い小回りだと思いました!

この滑りについて、


中回りでも良いから逆ひねりを意識して
と言われてカービングに近い滑りを意識です。

とのことでしたが、
個人的には普段よりこちらの意識で
小回りをされた方が良さそうに感じました!

ここで僕がお伝えしたい
小回りでのもう1つの課題は、

『エッジング』です!

突然ですが、
この2つの違いがイメージできますか?


  1. 自ら角を立てたエッジング
  2. 結果的に角が立ったエッジング

という2つのエッジングです。

エッジが立つという現象に変わりないですが、
「自ら」なのか「結果的に」なのかで非常に大きな違いがあります!

もう少し詳しく説明すると、
①は角に乗ったエッジングをしており、
②は面に乗ったエッジングになります。

ここで目指していただくのは、
の面に乗ったエッジングです!

なぜかと言うと、
面に乗ったエッジングができると、
スピードに合った自然な角付けができ、

徐々に角が立ってきて雪面抵抗が強くなる感覚が掴みやすいので、スピード感のあるターンに不可欠なエッジングの強弱も出すことができます。

①の角に乗ったエッジングでは、
雪面抵抗を掴みにくいので、
スピードに対して角が強く立ち過ぎてしまいます。

角が強く立ち過ぎると、
一気に反発が押し寄せてきます。

また、雪面に叩かれて板がバタついたり、
少しの凸凹でもハジかれてバランスを崩してしまいます。

対応力を上げるためにも、
面に乗ったエッジングを身に付けたいですね!


小回りアドバイス まとめ

それでは、今回のまとめです!

まとめ!


  • トップを動かす小回りをするために、
    ターンのメリハリをつけること!
  • 面に乗ったエッジングを身に付ける!

2つの小回りのビデオから、
それぞれ要点を1つずつ絞って
2つの要点から小回りの上達方法を解説をしました!

この記事の最初に、
「スピードを殺すターンをしてしまっている」

と書きましたが、

この2つの要素を同時に取り入れることができれば、

「止めるエッジング」ではなく、
「滑らせるエッジング」が可能になります!

とは言っても、
言葉で言うほど簡単ではなく、
細かな感覚は個人差もあるので、

タイミングや強弱などを試行錯誤し、
ご自分に合う感覚を掴んでいただければと思います!

それでは、
次回は最終回の不整地です!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

ナオキ

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

オリジナル商品

画像をクリックして紹介ページへ☟

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 

ナオキ
ナオキ

真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です