ココナラ ビデオアドバイス

【大回りアドバイス】切り替えの重心移動方向と足首の緊張を保つ方法

ナオキ
ナオキ
こんにちは! 生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回より3回にわたって、 お客様のアドバイスをさせていただきます!

  1. 大回り
  2. 小回り
  3. 不整地小回り

 

この順でいきますので、
今回は大回りのアドバイスになります!

 

当ビデオアドバイスはコチラ▼から受け付けておりますので、

ココナラ

興味がある方はご連絡下さい!^^

 

それでは! 早速大回りのビデオを見てみましょう!

 

 

「もっとブーツのタングをつぶすように切り替えろ」

 

この時の滑りで、 上記の様に先輩からアドバイスをいただいたとのことです。

せっかくなので 今回は「大回りの切り替え」について、 詳しく解説していきたいと思います!

 

C字ターンからS字ターンへ

まずは大回りにおけるターンのイメージから お話ししていきたいと思います!

ターンのイメージにおいて、 「C字」と「S字」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

 

分かりやすく図解してみましょう!

 

まずC字ターンですが

「切り替え~切り替え」を一つのターンとして、区切っていますね。

一般的なターンのイメージです。

 

対して、S字ターンですが、

「前のターン後半~次のターン前半」

を一つの区切りとしたターンイメージです。

 

このターンイメージを持つ目的として

  • スムーズな切り替えを意識する
  • 板を走らせる

 

といった比較的上級者向けの意識ですが、 まずはターンの意識を、

C字からS字へと変えていくことで、 スムーズな切り替えを目指していきましょう!

切り替えでの重心移動の方向

次は切り替えでの重心の移動方向についてです!

初めて僕がビデオを拝見した時、 どうしても気になってしまったことが一つありました。

 

それは...

どのターンも、ターンに入る時に 圧が抜けているように見える瞬間があったことです!

 

その原因として、 この2つが挙げられます!

  1. 切り替えで一気に重心を谷方向へ落としすぎ
  2. 身体がターン内側へ開きすぎ

そして、この2つは連動して起きています。

 

なので! ここではまず重心移動の方向について、 解説します。

 

 

まずは理想的な重心移動です。 スキー板の軌道に重心を付いて行かせています。

特に切り替え部分のクロスオーバーを見ていただきたいのですが、

板の動く方向と合わせながら(一緒に進みながら)切り替えていることが分かると思います。

これが、落差のある切り替えとなり、 ターンの流れを繋ぐ、スムーズな切り替えとなります!

 

今度は悪い例を見てみます!

 

 

これは、上記の原因①に見られる、 一気に重心を谷方向へ落としすぎている切り替えになりますね!

ある程度は板の進む方向と 重心移動の向きは合っているのですが、

これではどうしてもターンへ入るときに、 重心と板が離れすぎる時間ができてしまい、軽く見えてしまいます。

 

そして、 一気に谷側へ重心を落としてしまっているせいで、 原因②の「身体がターン内側へ開きすぎ」 が連動して起こっているのではと考えられます。

ちなみに、これをスキーの専門用語を用いて 「内向し過ぎている」と表現できます。

 

結論

ターンへ入る時に、一気に重心を谷側へ落とし過ぎているので、板の進む方向に付いていく切り替えを意識しましょう!

ワンポイント! 足首の緊張を保つ方法

もう一つ、「足首の緊張」をキーワードにお話しします!

「もっとブーツのタングをつぶすように切り替えろ」

 

先輩のアドバイスですが、 僕はこれが「足首が緩んでいる」ということにつながるのではないかと思いました!

 

雑誌やDVDでは、 「足首の緊張」というワードはよく出てきます。

別の言い方をすると、 「脛が起きてしまっている」 とも言えます。

 

これらは、 何が良くないかと言うと...

「ポジションが極端に後ろに下がってしまうこと」

です!

ポジションが後ろのままターンへ入ると、 結果的に身体が置いていけれるので、一番しっかり踏んで圧をかけたいターン中盤~後半にかけて、しっかりと板に力が伝わるポジションで荷重できなくなります。

 

先輩のアドバイスを見返すと、 「ブーツのタングをつぶすように」 とあるのは、

足首が緩む→脛が起きる→タングから脛が外れる

という現象になります。

 

ここでワンポイント!

~足首の緊張を保つ方法~

ここで、足首の緊張を保つために、 今すぐその場でできる方法をお伝えします!

その方法とは、2通りのパターンがあります。

  1. 足の指を上へ持ち上げた状態をキープ
  2. 足の指を下(中)へ丸めた状態をキープ

 

一見、真逆に見える2つの動きですが、 いずれも足首の緊張は保たれ、脛の角度も起きないようにしっかりキープできます!

僕は滑走中(特にターンへ入る時)には ①の方法で足の指を上げています。

②の方法で滑る人も結構いるので、 結論はどちらでも大丈夫です。

 

このワンポイントは、 陸上でも靴の中で今すぐ足の指を動かして試せると思うので、是非やりやすい方を試してみて下さい^^

大回りアドバイス まとめ

それでは、まとめです!

まとめ!

  • 意識はC字ターンからS字ターンへ!
  • 切り替えでは、スキー板の進む方向に重心を付いていかせる切り替えを意識
  • ブーツの中で足の指を上げるか下げるかで、足首の緊張を保て!

 

大回りの切り替えにフォーカスして、 解説してきました。

スムーズな切り替えを意識することで、 落差のある切り替えができ、次のターンの入りでも重さの乗った谷回りができると思うので、もうすぐ開幕の2019/20シーズンで早速試してみて下さいね!

 

次回は小回りのビデオアドバイスをしていきます!

それでは、 最後までみていただき、 ありがとうございました!

ナオキ

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

オリジナル商品

画像をクリックして紹介ページへ☟

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 



ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です