スキーお悩み解決&考察

【スキーお悩み解決&考察】ターン中に板が叩かれる?だったら、押さえればOK!?

ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回は【スキーお悩み解決&考察】のコーナーです!

メルマガのアンケートでこのようなご相談がありました。

お悩み人
お悩み人
スキー板が叩かれるので、
改善法を教えてほしいです。

これ、僕も滑っていて非常によく起こります。

板が叩かれると、
「板が走らない」とか「身体に強い力がかかって負担が大きくなる」とか…

ホントに良くないことだらけなんですけど、やっぱり一番は、雪面に板が叩かれて不安定だと、単純に『滑っていて気持ち良くない』ですよね!

(たまにイライラしたりします笑)

 

ということで、
今回はこの板が叩かれるという現象について改善法をお話しします!

 

なぜスキー板が雪面に叩かれるのか?

では本題で、スキーが雪面に叩かれる原因なんですが、いきなり結論を言ってしまうと、、

答えはコレです!

【ポジション】

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
(ここから小茶番劇が始まります)

ナオキ
ナオキ
いやー、
やっぱりポジションが良くないからですね〜
あのさ、よく「ポジションが悪い」ってだけ指摘する指導者がおるけどさ、

何だかんだ言って、スキーの悩みって大体「ポジション」って言ったら答えになってしまわないかな?
ふらの
ふらの
ナオキ
ナオキ
あ!!
ちゃんと解説しろよ
ふらの
ふらの
ナオキ
ナオキ
はい…


(茶番劇終わり)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ということで、
もう少し具体的な話をします(笑)

さっきまでの話をまとめると、
「ポジションが良くないからバタつく」
ということでした。

 

非常に簡単に言ってしまうと、
板がバタつくのであれば、押えたらいいんですが、ポジションが悪いと押えられないんです。押さえようとしても力を込める位置が悪いと板に力が伝わらず、結局押えられなくなります。

ほぼ間違いなく言えることですが、
板が雪面に叩かれるのは、

トップが軽いからです!!

 

おそらく「テールの方がバタつく」というお悩みをお持ちの方は珍しいと思います。(実際にいないことはないですが)

実際はポジションが後ろで、トップ寄りのポジションをとれていないためにスキーが雪面に叩かれるというケースがほとんどです。

答えは、ターン後半でトップが軽すぎる!

ここでは、ターン後半部分に注目します。

よくある例としては...

ターン後半は板を走らせる意識が強すぎるあまり、『トップ:テール=0:10となってしまっている

というものです。

後傾とまではいかなくとも、
重心が完全に後ろ側へ寄ってしまっているためにトップが軽くなり、押えることができないので叩かれるという原理ですね。

こんな風にウィリーしてるポジションだとアカンわけです(笑)

これだけトップに重さが無ければ、
軽くなって少しの凹でバランスを崩して叩かれてしまいます。

ターン後半の後ろポジションでもトップに圧を!

確かにターン後半~切り替えにかけては、スキーを走らせるために基本的には後ろ寄りのポジションをとります。

ただ、ここで全重心を後ろに動かしてしまうとトップが軽くなるので、

ポジションを後ろに動かしながらも
トップへの圧を抜いてはいけないわけです。

ここでポイントになるのは、
【つま先の使い方です!

 

僕の意識では
ウィリーにならないように、
ターン後半には「ブーツの中でつま先を浮かせない意識をしています!

少しでも叩かれそうなバーン状況では、
ポジションを前めにとり、トップにかかる圧を強めるように調整しています。

 

これはある人に聞いたんですが、
その人の感覚は、こんな感じでした。。

「前後動」っていうけど、
俺の感覚はターン中に「超前→前」に移動するだけなんだよね。

ターン後半には圧は勝手に抜けていくようになってるから、無理に自分が後ろに行き過ぎることもない。

むしろ、トップが軽くなって雪面とのグリップ感が消える方が嫌かな。

 

これも僕の感覚とはまた違って面白いなとは思ったので、

皆さんも是非参考にしてみてくださいね!

お悩み「ターン中に板が叩かれる」 まとめ

それでは今回のまとめです!

まとめ!

  • ターン中に雪面から叩かれるのは、トップが軽いことが主な原因
  • ターン後半でトップの圧が抜けるとバタつきやすい
  • ターン後半でもつま先を浮かせないように意識してトップの圧を抜かない

 

ターン中の感覚って人それぞれで、
なかなか他人の感覚をいきなり自分に取り入れることは難しいと思うので、最初は参考として頭に残すぐらいでいいと思います!

練習で行き詰った時に、不意に「誰かがあんなこと言ってたな...」と思い出して試してみたら上手くいったというパターンも何度も経験がありました。

今回の「ターン後半でもトップを押さえる」という動きに関しても、少し独特な表現かもしれませんが、試してみて下さいね!

皆さんのレベルアップのヒントになることを願っています^^

ナオキ
ナオキ
それでは、最後まで見ていただき、
ありがとうございました!


ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 



ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。