【利用実績100名超】オンラインスクールCLICK!

【挑戦が怖い人へ!】本気だからこそ新しい挑戦には必ず伴う『痛み』の話

スキー 挑戦
URLをコピーする
URLをコピーしました!

自己紹介
ナオキ スキー

ナオキ
生涯全力スキーヤー

本サイト運営者

★月間10万PVのスキーサイト運営
★オンラインスクールの利用実績90名超

検定合格を目指すスキーヤーをサポート! 検定合格を目指してきた経験や、指導者として多くの学生を指導してきた経験から初心者の基本~上級者の検定ノウハウまで幅広くサイトで情報を配信中!

ナオキ

皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回は「新しい挑戦をするときの痛み」についてのお話です!

僕は現在の会社では、
新規事業の推進リーダーとして働き、

個人では自分でこのサイトを立ち上げて発信を始めました。

どちらも自分にとって新しい挑戦で、今でこそ少しずつ結果が出始めましたが、今に至るまで大変だったこともありました。

そんな経験を経てきて感じたことですが、新しい挑戦には必ず共通する『痛み』があります。

今回はそんな経験談をしたいなと思います!

これから新しい挑戦を始める方の背中を押すような、そんな記事であればいいなと思って書いていきます!

目次

新しい挑戦に伴う“1番の痛み”とは?

新しく何かに挑戦するときに、
1番辛いことは何でしょうか?

皆さんも一度想像してみて欲しいのですが、一体どんなことが1番しんどいと思いますか?

答えは、

周りの理解が得られないこと

“理解が得られない”とは、
反対されたり叩かれたりバカにされたりと、そんな周りからの『声』が1番痛いです。

最初の質問に対してこのように思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「1番辛いのは、やったことないことを始める不安や恐怖かな」と。

その答えもすごく分かります。
始めるまでは不安はすごく大きいです。

これはあくまで僕個人の話でしたが、
新しいことを始める不安は動き始めるとすぐに消え始めました。

「不安」の多くは知らないことが原因なので、やってみると案外解消されることが多いです。

ただ、それ以上に周りからの声は、
良くも悪くも思っている以上に自分にかなり強い影響を与えます。

そして悲しいことにそんな声も、特に最初は周りからの嫌な声、つまり批判や嘲笑の方が多いものです…

新しいことを始める不安を超えることも非常にハードルは高いですが、周りの理解が得られない辛さは僕にとってはさらに痛いものでした。

次からはそんな僕の実際の経験談についてお話しします。

会社のこと・自分のサイト
同じ周りからの声でも少し違う痛みがあったので、それぞれを紹介していきますね!

「お前のとこだけ赤字かよ…」

挑戦 怖い

僕は働いている会社で、
今では新規事業部のリーダーを務めています…

が、最初は転職して右も左も分からないうちに、新規事業の担当者へと異動になりました。

ゼロから新しいことを創っていかないといけなかったのですが、最初のうちは何をしてもダメでした。

ナオキ

色々試したけど…
結果は赤字でした。

なんてことも、
実際に何度もありました。

僕自身は0→1を創っていく挑戦をさせてもらえているので、大変でしたが楽しかったのですが…

周りからの声は非常に辛いものでした。

 

こっちは高い目標があるのにお前の部署だけ赤字かよ…

他の部署からはそんなふうに思われてるという噂がどんどん聞こえてくるのでした。

自分の仕事が大変でしんどかったことはまだ頑張れたのですが、周りからの理解が得られずに向けられる厳しい意見にはとても辛いものがありました。

ここまでは僕の仕事で新しいことにチャレンジしたときの経験談でしたが、

次からはこのサイトを立ち上げた時のお話です!

「何そのブログ…笑えるわw」

挑戦 怖い

笑われた、バカにされた。

そんな経験でいうなら、
個人の活動の方がずっと多かったですね。

今ではスキーサイトとしてシーズンになると多くの方が僕の記事を見にサイトへ来てくださいますが…

最初の半年くらいは、
1日に1人いるかいないかでした。

ここでも、アクセスが少ないとか記事を書くのが大変とか、そんなことは大した問題ではありませんでした。

しんどかったのは、
やっぱり周りからの声です…

 

何そのブログ…笑えるわw

よく恥ずかしくないよなw

そんな心無い声がSNSやブログのコメントから複数届きました。

また、リアルの知り合いからも僕のSNSアカウントを見つけてブログをバカにしてくる人もいました。

ナオキ

人の挑戦を笑う奴の言うことなんか全部無視してコツコツと行動しよう!

心の中ではそう思っていても、
やっぱり悲しい気持ちにもなりましたし、実際かなり腹も立ちました。

そんな中で自分のやりたいことを進めていくことは思っていた何倍も大変でした。

周りは次第に変わっていくから大丈夫!

これまでお話ししたように、
新しい挑戦をするときには必ずと言っていいほど批判されたり笑われたりすることがあります。

そんな周りの声にどう対処したらいいのか?

答えは…

『無視して続ける』

これしかありませんね!

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。

カナダ出身の外科医
エリック・バーンの名言です。

まずは自分が変わることが一番です。

周りのからの批判が嫌で、
腹を立てて反論しても残念ながら相手を変えることはできません…

なのでもし何かを始めるときに、
どこかから批判が来ても結果が出るまでは無視してガンガン続けていきましょう!

まずは自分が変わるために、
頑張って行動を続ける!

そして行動を続けて成長していくと
次第に嬉しい声が届くことも増えるし、結果も次第に付いてきます。

なので、もし皆さんが何か新しいことを始めるときに批判が来ても、無視して続けていれば自分自身も成長したり慣れたりで勝手に解決していきます!

さらには、周りに認められれば認められるほど楽しくなってきますよ!

余談ですが、
僕が1年前に転職をするときには、
身近な人はみんな反対していました。

「なんで上場企業を辞めてまでベンチャーへ行くのか?」

そんな判断が正しいわけがない!
と言わんばかりの勢いでした。

ですがそんな反対を振り切って転職し、
楽しんで結果も出てきている今を見て、次第に認めてくれる人が増えました。

新しい挑戦で批判されたときの対処法

それでは最後に今回のお話しをまとめて終わりたいと思います!

今回のまとめ

普通の人は誰でも批判を受けた時、
傷ついたり落ち込んだりすることもあって当然です。

そんな批判や嘲笑に対しての対処は、『無視して自分が変わるために行動を続ける』ということでした。

ということで、
いかがでしたでしょうか?

今回の記事を読んで、

お悩み人

無視しろって言われても、
やっぱり怖いし批判されたらショックだよ…

そう思われたことと思います。
確かに、僕も嫌なことを言われるとショックですし、腹が立つこともあります。

そんな時に僕は、これまでいただいたお客様からの嬉しいレビューや、SNSでいただいた記事のコメントを見返すようにしています(笑)

ナオキさんの記事が一番参考になりました!

ナオキさんの体験記を読んでがんばる気力が増しました!

そんな嬉しい声を一ついただけると、
批判がたくさん来たとしても、それだけで十分頑張るモチベになります。

ナオキ

一人でもこんな風に思ってくれる人がいるなら、頑張って続けてきた意味はあったのかも

無理やりでもそう思うと、
次へ行動する気力が湧いてくるのでオススメです!^^

ということで今回は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ナオキのオンラインスキースクール
  • オンラインレッスンで課題発見
  • 大好評のオンラインマニュアル
  • 個別の検定サポートも充実
  • 弱点種目を集中して克服!
100名以上の利用実績!
検定合格者を次々に輩出しています!

スキー 挑戦

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想や質問があればご自由にどうぞ!

コメントする

目次
閉じる