【スキーをたわませるコツ!】上級者は誰もがやっているが言葉に出来ない、走りを引き出す板のたわませ方

マニュアルの目次

  1. そもそも、“スキー板の走り”とは?
  2. スキーにおける「荷重」と「加重」の違いを理解せよ!
  3. スキーが踏めるポジションを作ろう!
  4. 加重をして板をたわませろ!
  5. 板をたわませたら、圧を解放せよ!
  6. “スキー板の走り”まとめ

上級者に必須!
”スキーの走り”を手に入れろ!

どんなに見た目を格好よく真似しても
どんなに細かなスキルを磨いても

スキーが走っていない滑りは一向に評価されることはありません…

結局はプライズ検定でも技術選においても、
「スキーはターンスピードが速い者が勝つ競技」
なんですよね。

そして極端に言ってしまうと…
スキーの基礎技術は「全てターンスピードを上げるためにある」といっても過言ではありません。

つまりは上級者にとって、
スキーの走りを引き出すことは高得点を取るための何よりも必須な条件と言えますね。

ですが、僕自身もプライズ検定合格を目指していたときには、スキーの走りを引き出すことができずにずっと悩んでいました…

どんなに荷重してもスキーが走らない…

ターン後半にスキーがギュンと走ってくることが大事なのは何となく分かっていましたが、自分の滑りのビデオを見ても一向にスキーが走らずに悩んでいました。

外足にもしっかり乗れてたので、
「荷重する力が足りないのか?」
と、思いっきりスキーを踏んでみたり
脚力を鍛えてみたりしても全く効果がありませんでした…

それもそのはずでした。

どんなにスキーに重さを乗せても、
「荷重」するだけではスキーを走らせることはできません

当時の僕は「加重」について全く理解できていませんでした。

スキーを走らせる「加重」

自分の体重以上にスキーに力を伝えれらるようになるためには、「加重」の理解が不可欠でした。

そこで僕は本マニュアルでも解説している次の手順でスキーを走らせるための「加重」ができるようにトレーニングしました。

  1. スキーが走る基本ポジションの確認
  2. 加重をしてスキーをたわませる
  3. たわみからの解放でスキーを走らせる

という非常にシンプルな手順ですが、
それぞれの局面で意識するべきことを整理して一つ一つ身に付けていくことで徐々にターンスピードを上げていくことを実現しました!

結果的には、スキーの走りも以前とは段違いで、テクニカルで加点が出せるくらいの大回りができるような滑りへと進化しました!

そんなスキーを走らせる荷重のそれぞれのポイントをかなり細かく本マニュアルでは取り上げて解説しました!

「スキーを走らせたい!」
「プライズ検定に合格したい!」

そんなスキーヤーには必ず参考になるマニュアルをどうぞ!

 注意事項

  • ご返金にはお答えいたしかねます。
  • 本マニュアルは合格を保証するものではございません。
  • ご質問・ご相談の受付は合格サポート付きプランでのみとなります。
  • 本マニュアルはSAJ(全日本スキー連盟)とは一切関連はございません。また、あくまで個人的なノウハウを掲載したものであるため、全日本スキー教程の内容とは一切関連はございません

メルマガへのご登録で
マニュアルを期間限定で無料配布中!

スキー メルマガ
  • 検定合格までの完全ロードマップ
  • 検定合格に必ず役立つ記事をお届け
  • 期間限定で有料マニュアルの特典付き
  • オンラインサロンへ特別ご招待
期間限定でオンラインスクールで3000円で販売中の『スキー検定挑戦者のお悩みQ&A』を無料プレゼント!

こちらからでも登録できます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SNSで感想を投稿してね♪
URLをコピーする
URLをコピーしました!

質問や感想があればコチラからどうぞ!

コメントする