合格のためのマインドセット

【研修】スキーが上達する人と仕事のデキる人に共通する力とは?

 

ナオキ
ナオキ
皆さんこんにちは! 生涯全力スキーヤーのナオキです!

先日に僕の会社の研修がありました。

テーマは「段取り力の強化」です!

一見、全く面白く無い、
よくありそうな会社の研修のテーマかと思いきや...

ここにもスキー上達につながる学びがあったので、 ご紹介したいと思います!

 

僕もたまに自分の日常を絡めて、 スキーに役に立ちそうな学びがあったことをコンテンツにしてきたいと思います!

以前はこんな記事も書いていますので、 合わせてご覧ください!

 

今、この記事を読んで下さっている方の中には、きっと目標がありながらも伸び悩んで苦しんでいる人もおられるかと思います。

「なぜ今、検定合格を目指しているのか?」
「合格するために何をすれば良いのか?」
「どうしたらスランプを脱出できるのか?」

今回の内容が、そんなお悩み解消のきっかけになれるように、僕自身のアウトプットも兼ねて自分に言い聞かせるかのように記事を書きました!

 

今回の記事はスキーはもちろん、
ついでに今、仕事で悩んでいる人の役にも立ってしまう内容です!笑

まずは今すぐできるワークからなので、
最後まで読んで、とにかく実践してみましょう!

 

「段取り力」とは...?

まず今回の研修テーマにある、 「段取り力」について定義しておきましょう!

「段取り力」とは...?

目標達成までのプロセス(過程)を決めること(=計画力)

 

僕がいつもスキー上達のために大事だと考えていることは、

「ただがむしゃらに滑りまくって練習するだけでなく、目標までのステップを【論理的に】学び、実行すること」

 

非常に似ていると思いませんか?(笑)

今回の趣旨は「段取り力」ということで、
目標達成のためのステップを自分で組み立てていくことです。

 

大事なことは、

目標(ゴール)を明確に決めること

になります。

 

「何のために?」
「どんな状況(着地点)にたどり着くことを狙って」

これらを明確にせずに、
段取りを立てることはできないのです。

それぞれのステップに目的を持とう!

最終目標(ゴール)が設定できれば、
次はゴールに至るまでのステップを設定しましょう!

例えば、 スキー検定1級合格という目標を立てたとします。

そして自分の現状を踏まえて、
合格までに3つのステップを自分で設定したとします。

 

その3つは、

  1. 斜度に慣れる
  2. スピードに慣れる
  3. 内倒しない

とします (※あくまで適当な一例です)

 

これらのステップを用意したならば、
必ずしていただきたいことがございます!

 

それは...

「何のために?」
「なぜしないといけない?」

という自問自答をすることです。

 

先ほどの例で見てみましょう!

 

  • なぜ斜度に慣れないといけない?
    →1級は中急斜面設定での検定となるから

 

  • なぜスピードに慣れないといけない?
    →ハイスピード域での演技をしないといけないから

 

  • なぜ内倒してはいけない?
    →内倒すると外足に乗れないから

 

このように、
それぞれに「なぜ?」と深堀りすることで、

より最終ゴールへ向けてのステップを明確化することができます!

自分で自分を動機付けしよう!

ここは、実際の研修では、
担当業務を通じて「自らの働き甲斐」を定義する と言うテーマでした。

もちろん最後にはスキーと絡めた話をしたいと思いますが、せっかくなのでまずは普通に研修で学んだことをアウトプットしたいと思います!

それくらい、ここの内容は誰にとっても大事なものだと思い、人生や仕事で悩んでいる人にとっても、必ずお役に立てる内容だと確信しています。

 

働く意味を自分で考えることは、
自分の仕事に自分で価値を付けるということです。

 

もちろんここもスキーと絡めて考えようと思いますが、それ以前に働く意味を考えることってめちゃくちゃ大事だなと感じました!

 

仕事に自分で価値を付けることとは、
自分で自分を動機付けることです
 
 
そして動機付けには、
次の2つの種類があります。
 
 
  1. 外発的動機付け
  2. 内発的動機付け
 
以下でそれぞれ説明します。
 

①外発的動機付け

自分以外の周囲から刺激をつけることによってもたらされる動機のこと。
 
「〜しないといけない」
「〜するしかないから仕方なく…」
 
といった要因の動機が大半になります。
 
 
 
主な要因として
 
  • 自分以外の人の行動や言動
  • 周囲で起きた出来事や環境
  • 義務・強制・金銭・昇格などの外的要因
 
 
(例)
  • 給料のために
  • 契約を取らないといけないから
  • 上司に〜と言われたから
  • 出世のために働く

 

②内発的動機付け

自分の中にある好奇心や関心によってもたらされる動機のこと。
 
自分以外の要因には一切依存することがない。
 
「〜したい!」
「〜してみよう!」
 
という、 自分の心の中から湧き上がる感情のこと。
 
 
 
(例)
  • お金持ちになりたいから働く
  • 好きなことを仕事にしたい
  • 人を喜ばせたい

まず自分の心の声を聴こう!

今回の研修で、
僕が個人的に一番心に響いた部分なんですが、
 
「今、自分のすべきことに外発的だけでなく、内発的動機付けが出来ていますか?」
 
ということです。
 
 
 
人のモチベーションは、
外発的と内発的のどちらの動機の方が高くなるでしょうか?
 
答えはもちろん後者です!
 
 
 
ですが実際の仕事では、
 
上司に契約を取れ! と怒られるしなぁ…
お悩み人
お悩み人
 
 
と外発的な動機に
動かされている”人の方が圧倒的に多いかと思います。
 
 
 
なので、まずは内発的な動機、
つまり自分の内側から出る声に耳を傾けてみましょう!
 
 
本来は、
 
「新しいモノを生み出したい!」
「誰かに喜んでもらいたい!」
 
そんな思いがあるのではないでしょうか?
 
 
 
そこを押し殺して、
外からの力だけで動かされているのであれば、必ず自分の中の想いを吐き出し、
 
その想いを自分の軸として、
普段からの優先順位の判断基準にしましょう!
 
 



お悩み人
お悩み人
とは言っても… やりたいことをしたいけど、

 

仕事をしないとお金が稼げないし、生活も出来ないじゃないか!!

 
という声は必ずあるかと思います。
実は僕も正直ここの狭間で今、非常に悩んでいる状態です。
 
 
もちろんお金は必要だと思うので、
仕事においては外発的動機と内発的動機を整理して、合わさった部分を探求することが重要です!
 
 
つまり、
 
「今の仕事でどう考え、どう動いたら自分の想いを実現できるようになるのか?」
 
を改めて立ち返って整理してみましょう!
 
 
地味ですが、
僕自身にとっても、一番大事なことだと思います!
 
 
 
仕事や勉強においては、
めちゃくちゃ大事でためになったお話だったので、是非とも知っていただきたいと思い、アウトプットをしました。
 
 
今、人生や仕事で悩まれている方で、
自分の中の想いについて、ちゃんと向き合えていないのかも…と感じた方は、
 
是非一度、 時間をとってゆっくり向き合ってみてはいかがでしょうか?
 
そうすれば、
自ずと自分が取るべき行動が見えてくると思います!
 

動機付けの話をスキーに応用すると

考えるべきことは仕事もスキーも同じで、

  1. 今、自分の目標に対する動機はどちらの方が強いのかを認識する
  2. 自分の心の中の想いを見つめ直す
  3. 目標への動機を自覚した上で、
    具体的なゴールまでの道筋を再度整理する(段取り)

 

例として、 ここでも「スキー検定1級合格」を目標として練習に取り組んでいることとしましょう。

よりリアルな感じにするために、
伸び悩んでモチベーションが下がっている設定で見てみて下さいね!

 

まず考えられる外発的動機と内発的動機を上げてみましょう!

 

外発的動機

  • みんなが一級持ってるから自分も持っていないと恥ずかしい
  • 親や先輩に一級に合格しろ!と言われた
  • 一級が無いとスキー学校で働けない

 

内発的動機

  • 一級に合格してチームメイトに自慢したい
  • 自分の力を証明できる一級が欲しい
  • インストラクターとして働きたいから、一級に合格したい

 

そしてここから考えるべきことは、

今、自分の目標に対する動機はどちらの方が強いのかを認識する

自分はこれまで、

「みんなが受けてるから」
「1級くらい持っていないと恥ずかしい」

みたいな周りからの声があったから、 1級に合格するために頑張っていたように思う…

自分の心の中の想いを見つめ直す

だけど... 初めて1級合格を目指すことを決意した時には、

「とにかく1級に合格して、インストラクターとして働きたい!」

っていう強い想いがあったはず!

 

だから改めて、

立派なインストラクターになるため

に1級を目指そう!

目標への動機を自覚した上で、具体的なゴールまでの道筋を再度整理する(段取りを行う

1級に合格しても、 きちんとした指導が出来ないと立派なインストラクターとは言えない。

 

だから、これから初心者にもきちんと指導が出来るように基礎から見直しをしよう!

 ↓

そこからようやく1級を取るための練習が再スタート!

 ↓

基礎の見直しを行ったことで、自分に足りていない部分を発見できるように研究

 ↓

課題を集中克服

 ↓

1級合格、インストラクターへ

 

と、少し大まかな部分もありましたが、 このように自分の中で、

「あれは不要だったな」
「これは今までしてこなかったけど必要だな」

という整理をすることで、

 

僕がいつもお話ししている、
論理的に考えて上達すること ができるようになりますね!!( ^ω^ )

 

こんな感じで、
まずは大まかでも全く問題無いので、

皆さんも一度やってみて下さい!
すご~く心がスッキリしますよ! (マジです!笑)

まとめ

それでは、今回のまとめです!

まとめ!

  • 目標とするゴールから、逆算して必要な行動を計画する力を付けよう!
  • 何より大事なことは、自分で自分を動機付けること!
  • 自分の中の本当の想いを見つめ直し、
    改めてゴールまでの道筋を考えよう!

 

と、言うことで今回は、

僕の会社の研修で、「この内容はスキーでも活かせそうだ!」と感じたことを紹介させていただきました!

(頭の中はスキーしか無いので、仕事のことは一切考えていませんでした笑)

 

「自分が何をしたくて、今の目標や行動があるのか?」

これを一度立ち止まって考え直してみることで、

ひょっとしたら目標や行動、 場合によっては環境までも変える必要があるかも…
お悩み人
お悩み人

そう感じ、 迷うこともあると思います!

そして、その想いに正直に従って行動したことによって、一時的に状況が悪化してしまうこともあるかもしれません。

その行動は、間違いではなく、いつか自分の人生においてプラスになる時が絶対に来ると僕は確信しています!

 

実は今回は、僕自身が悩んでいたこともあり、自分に言い聞かせるように発信をしましたが、いかがでしたでしょうか?

僕は必ずこれから自分の心の声に正直に従って生きようと思うので、これまで見てくださっている方々、今後とも引き続きよろしくお願いします!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ABOUT ME
NAOKI
『テクニカルプライズ所持!』 『3シーズンで10名のテクニカル合格者を輩出!』 『メルマガでプライズ検定の壁突破講座を配信中!』 はじめまして!インターネットで活動中の生涯全力スキーヤーのナオキです!  【1シーズンでテク-5から+2へ】 自身の検定を目指してきた苦悩の経験や、指導者として多くのスキーヤーを指導してきた経験から、《目標や信念を持って頑張るスキーヤーを応援し、その楽しさを分かち合いたい! そして、僕自身も生涯本気でスキーを楽しめるスキーヤーでありたい!》 そんな理念を持って、スキーを全力で楽しむ皆様へ向けて、基本中の基本から検定合格までの情報を配信中!

オリジナル商品

画像をクリックして紹介ページへ☟

 

Skier's メールマガジン

~プライズ検定の壁突破講座~

Skier's マガジン
プライズ検定の壁突破講座
名前(ニックネーム可) 必須
メールアドレス 必須
今のスキーのお悩みは?(任意)

 



ナオキ
ナオキ
真の上級者スキーヤーの仲間入りだ!
 

☝画像をクリックして
レターページへ

プライズの高すぎる壁に、
諦めムードだったチームメイトを
テクニカル合格に導いた

ナオキ流スキーメソッドを
メールマガジンにて配信中!

 

~登録者プレゼント~

『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です