【スキーの真髄、谷回りの真実に迫る!!】プライズ検定受験者向きにターン前半の雪面の捉え方を極秘公開!

ピンポイントマニュアル

商品の該当記事ページはコチラ▼
https://naokiski2109.com/谷回り

我ながら価格以上の価値がある最高の情報を提供できます!!
絶対の自信がある記事商品の公開です!


今回は…『谷回り』特集です!!

プライズ検定や技術選では、必ず注目される谷回りについて徹底的にその動きを深堀りしていきます!

「谷回りを制する者はスキーを制す!」
と言われるくらい、 スキーにおいてレベルや競技を問わず谷回りが重要視されていることは間違いないですね!

メルマガやアンケートで多くの方から、谷回りが分からないといお悩みをいただきました!

この谷回りで圧を全くかけないと、
ターン後半に全ての圧が集中してしまいます。

そうなると、スムーズなターンができず、もちろん高得点も出せなくなります。
なので、この谷回りを悩んだままに放っておいても、その後の上達は確実に望めないものとなってしまいます…

大回りでも小回りでも、
「谷回りで雪面を捉えよう!」 と言われますが、具体的な身体の動きについて言葉に表している人は誰一人としていないと思います。

僕もテクニカルを目指していた時には、
「雪面の捉えが無いんだよ!」 と注意をされたことがよくあったのですが…

「雪面を捉える」って感覚が分からん!
とずっと思っていました。

意外とプライズ検定受験クラスの上級者でも、谷回りで同じことを注意されたという人をたくさん見てきました。

谷回りはターンの命なんですが、
僕自身もテクニカルを目指していた頃には谷回りを上手く表現できずに、すごく苦戦しました。

その辺の僕の経験談も交えながら、多くの人が疑問を持つ谷回りの動きをどこよりも詳しく解説していきながら、谷回りの真髄に迫っていきたいと思います!

〜マニュアルの雰囲気〜

検定合格へ向けた個別サポート!

検定合格へ特化した月額制個別サポートのコースが登場!
滑りのビデオのアドバイスや分からないことを質問していつでも個別でサポートを受けることが可能に!

月額サポートコース
  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 田中

    専門用語をほとんど使っていないところが良いところ。行うべき動作を誰でもわかるレベルまで落とし込んで具体的に説明しているところが非常に良い。

    試したのはオフトレではあるが、一部自分ではやりにくところもあったが、考え方をそのまま使うとうまくいった。自然と谷回りができてしまうと思う。

関連記事一覧